2019.5.18 針ノ木岳

    s-DSC_2502.jpg


    ★天候:晴れのち曇り

    ★コースタイム:
     4;40 扇沢無料駐車場
     6:00 大沢
     6:20 1770m シール装着
     7:40 マヤクボ沢出合
     8:30 2450m ツボ足
     8:50 2550m平坦地
     9:20 スバリ岳とのコル
    10:00-10:15 針ノ木岳
    11:00-11:15 スバリ岳とのコルから滑降
    11:30 マヤクボ沢出合
    12:00 大沢
    12:20 1590m スキー外す
    12:50 駐車場


    ★記録
    出発時は曇っていたが、上部は晴れていた
    s-DSC_2491_20190519202905fb7.jpg
    振り返ると、雲の向こうに爺ヶ岳

    マヤクボ沢出合から見上げると、
    s-DSC_2493_20190519202907829.jpg
    ハイマツが出てるので、右のマヤクボ沢にルートをとる

    平坦地に出ると山頂方向の斜面が見える
    s-DSC_2497.jpg
    山頂の下で雪崩が発生したので、マヤクボ沢を滑ることにし、スバリ岳のコルを目指す


    コルに出ると、眼下に黒部湖、その向こうに立山や剱岳。 絶景
    s-DSC_2499_2019051920291175e.jpg

    稜線は夏道が出ているので、コルにスキーをデポ
    s-DSC_2498.jpg
    少し距離があるので念のためザックを持っていったが、
    日陰に雪の急斜面があったので持っていってよかった

    急斜面は、滑落するとただでは済まない感じだったので、
    ウィペットとアイゼンを効かせて慎重にクリア(怖かった。。)


    山頂着
    s-DSC_2505.jpg
    蓮華岳

    s-DSC_2506.jpg
    穂高と槍も見える


    雪の急斜面、下りでは念のためロープを使う
    まず自分が降りて、ロープいっぱいのところにピッケルで支点を作り、相棒がツルベで降りた
    s-DSC_2509.jpg

    s-DSC_2512.jpg

    結果としては、スキーをコルにデポせず山頂まで背負っていき、南東のコルから滑った方がよかったかもしれない


    コルからはマヤクボ沢の大斜面~針ノ木雪渓のロング斜面
    s-DSC_2519.jpg

    前半はザラメで滑りやすかったが、後半は凸凹が多かった

    s-DSC_2525.jpg
    スキーを外したあたりから振り返る



    GPS
    gps20190518.jpg


    ロープを使ったのは想定外。
    また、ウィペットを持っていくのでピッケルを装備表に入れなかったが、念のため持って行っておいてよかった

    いろんな意味で、やっぱり北アルプスはひと味違いました


    (kaz)

    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード