飛騨沢 2019.2/2~2/3 

    厳冬期の槍&飛騨沢にいきませんかとお誘い頂き、山屋&山スキーヤーとして、いつかは行きたいと夢みてきた憧れの地にいくことになりました。
    0016_xlarge_20190420161459dba.jpg
    天候:
    1日目:早朝雪のちに晴天
    2日目:晴天のちに雪/雨

    メンバー:Fさん(兵庫労山・山歩渓山岳会)、Aさん(無所属)、カナリン

    コースタイム:
    1日目 行動時間:9時間20分
    2月2日 道の駅奥飛騨温泉郷上宝6:00→新穂高登山指導センター7:00→白出沢10:30→滝谷13:30→槍平小屋16:20
    2日目 行動時間:11時間40分
    2月3日 槍平小屋6:30→飛騨乗越11:30→槍平小屋12:30→白出沢16:30→新穂高ロープウェイ18:10


    前泊は道の駅 奥飛騨温泉郷上宝。約3時間ぐっすり眠り早朝4時半起床。
    新穂高登山指導センター下の駐車場へ移動。歩きの登山者は2パーティ準備中。
    Pontoonを履いた単独山スキーヤーが1人。前夜22時に入山して白出沢の先で、真っ暗闇でルートを見誤り撤退とのこと。

    7時に計画書を投函し、いざ出発。背負子を背負ったFさん、山スキーに背負子、しぶいっ
    IMG_1684.jpg

    わたしの荷物。久しぶりの雪山泊り装備、お、重い(汗)
    IMG_1685.jpg

    新穂高ロープウェイ乗り場奥からスキーを履いて、林道を歩きます。
    Pontoon氏がつけてくれたであろうトレースを頂きます。スキーでも膝くらいのラッセル。
    一人でスキーラッセル大変だっただろうなぁ。
    早朝の雪の舞い散る静かな林道。
    IMG_1694.jpg

    そして前を歩くFさんの背中、すごい荷物!槍穂先行くための共同装備のクライミングギア&ロープもこの中に、、、重そう、、、そしてありがとうございます。
    IMG_1697.jpg

    白出沢に到着、やはりここでトレースは消えました。Pontoon氏、ありがとう。
    DSC_2927.jpg

    白出沢を越えたら蒲田川右俣谷へ下りて雪で埋まった沢沿いをハイクアップ。
    目的は帰りのルート工作、なるべくスキーで滑って帰ってこれるようにルート取りをしていきます。
    IMG_1704.jpg

    しかしところどころ木々に阻まれ先に進めなかったり、岩と岩の間に雪がついてなくて、沢が現れたりして行く手を阻まれます。
    0012_xlarge.jpg

    岩の上についた雪を少しづつ固めながら沢のほうへ降り、雪のついている岩の選び、沢を渡ります。
    雪の下をとうとうと流れる沢に落ちぬように、沢の形状や岩の上に積もった雪の量を見ながら少しづつ踏み固め、岩と岩が雪でつながったところを選び、沢の上を進むAさんの技術には驚いた。わたしがこれを習得するには何年先になるだろう、すごくいい勉強になった。
    DSC_2934.jpg

    滝谷出会い。
    美しい山々が見えてくるころには予報通り雲一つない青空が広がり、稜線は強風予報だが谷底は無風で快適。
    IMG_1710.jpg

    滝谷から先50mほどは深く谷が割れており、先頭はこんもり積もった雪を崩してトラバースでラッセルしながらトレースを作っていきます。トラバースの傾斜も登る傾斜もきつく、また雪もやわらかいため、固めたつもりでもすぐに雪が崩れ、谷に落ちそうになるため少し緊張を強いられます。
    DSC_2940_20190420153258da1.jpg
    ここから避難小屋まで3時間ずっとラッセル祭り、順番に先頭を代わります。
    スキーラッセルはやっぱり太い板のほうが有利だよなぁとしみじみ思う。
    (おしゃれブーツなんかより太板買わなあかんやん~とKazさんに言われたことを今更ながら思い出す、時すでに遅し)

    この日の宿の槍平冬季小屋に到着。
    2017年に雪崩が小屋を直撃、崩壊。寝てる間に雪崩で小屋が壊されてしまいませんように~
    ビーコンONのまま就寝。モンベル0番でも夜中寒さで何度か目覚める。
    IMG_1714.jpg

    翌日は4時半起床、6時半出発。出発は真っ暗でも見上げると満天の星。
    今日も標高差1000mのハイクアップ、飛騨沢をひたすら登って行きます。
    振り返ると南岳・北穂高岳、左は笠ヶ岳、そして前方には槍平小屋。
    振り返ると、朝焼けの中の南岳・北穂高岳
    0008_xlarge_2019042015484943d.jpg

    左には笠ヶ岳
    0007_xlarge_2019042016145947c.jpg

    そして前方に槍平小屋
    IMG_1729_20190420150914f2b.jpg

    飛騨沢上部から雪面はカリカリに、スキーアイゼンにかえてしばらく登る。
    しかし2800m位から雪面がさらに固く氷のようになり、スキーアイゼンささらないため、スキーブーツにアイゼン&ピッケルに変えて登る。飛騨沢を登りきったところで、ヤマテンの予報通り曇空と西からの強風。
    IMG_1738_20190420150918ad0.jpg

    滞在1分ほどで写真を撮って滑走準備をします。
    (天候不良&時間制限によりのため槍の穂先は諦める、また今度)
    IMG_1735_20190420150915bf6.jpg

    2800mまでは氷のようなカリカリの雪面なので、横滑り&スピードを落とし慎重に滑ります。
    IMG_1737_2019042015091756e.jpg

    そこからはパウダーではないけどクリーミーな気持ちいい雪質で、3000m級の山々に囲まれて気持ちよく滑ります。方位によって雪質が全く変わるのでなるべく北寄り斜面を狙って滑ります。
    51157292_2015386438581419_7956338813175857152_n_20190420151730571.jpg

    飛騨沢は大きく、滑っても滑っても続きます。「もうお腹いっぱい(滑った)ねー」って言いながら、槍平小屋に到着。小屋にデポしておいた泊まり道具を背負って下山開始。
    この日の早朝、槍平小屋をでるとスキーハイクのトレースあり、ワンデイできている二人組で飛騨乗越直下ですれ違う。ワンデイやるならベテランなんじゃと、一生懸命自分達が作ったルートを捨てて、ベテランと勝手に思い込んだ人たちのルートを辿ることに。するとそのトレースは滝谷からひたすら夏道をたどり、登り&下りのオンパレード。下りは細くたくさんのカーブを伴い、登りはカニ歩き。冬山泊り装備(15㎏以上)を背負っているため、下りではスピードが出すぎる上に細いトレースのカーブを曲がるのも止まるのも一苦労、登りは重い荷物を持っての幾度もさせられるカニ歩きでかなりの体力を費やし、ヘトヘトニなって白出沢に到着。(ここから先は携帯の充電切れにより写真無し)

    下山開始後に降り始めた雪は途中から雨に変わり、白出沢からは超緩斜面のトレースをゆったりと滑走。下山予定時刻を1時間半越えてのヘッデン使用&ずぶ濡れの下山となりました。(最終下山報告時間までには十分時間はあったが、新穂高登山センターで急いで携帯を充電し下山連絡)

    自分たちが行きに工作したルートを行けば沢沿いを気持ちよく滑走し雨にサッと降られる程度で下山できただろうに、、、。
    「他人のトレースは信用するな、自分たちを信じなきゃ」と3人で深くうなづいた学び多し、山行になりました。そういう遭難事例もあるらしいので、本当に注意!

    壮大な飛騨沢での山スキーを計画して下さったFさん、色々な技術を学ばして下さったAさん、ありがとうございました!
    文:カナリン

    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード