2018.7.14-16 剣岳 源次郎尾根

    剱岳、源次郎尾根に行ってきました。
    2018_07_16_1_201808072044233c4.jpg
    剱岳、源次郎尾根に行ってきました。
    5月に剱沢でBCスキーをした際、源次郎尾根があまりに綺麗で「よし、次はあそこに行こう!」ということになりました。

    ★天候:3日間とも晴天
    ★メンバー:Tさん(カランクルン)Mさん(カランクルン)、カナ
    ★コースタイム:
    1日目:立山駅室堂雷鳥沢野営場剱御前小屋剣山荘
    2日目:0250起床、0340剣山荘出発、0615間違い尾根スタート、0830間違い尾根下降終了。
    0915正しい尾根スタート、1315-1330 1峰山頂、1420 2峰到着、1455 懸垂下降終了、1500 山頂にむけスタート、1625 -1630 剣山頂、平蔵谷上1730、1815 前剣北鞍部、2030 剣山荘
    3日目:剣山荘剱御前小屋(大休憩50分)雷鳥沢野営場室堂立山駅

    1日目
    小さな雪の大谷(笑)
    DSC_2290.jpg

    立山4回目にして初めてみたみくりが池
    全てが雪で覆われたスキーシーズンとは全然違う景色に感動していたら
    スキーを担いで歩いている人数名発見!彼らにとってはまだスキーシーズンだった、、、
    DSC_2304.jpg

    剣沢キャンプ場の警察にて源次郎尾根の情報収集
    DSC_2339.jpg

    剣山荘にて日没を待ちながらワインを楽しむ
    DSC_2350.jpg

    2日目
    朝日に照らされる剣岳
    この後、コンタレンズが風で飛ばされ、小屋まで疾走し、取りに行くことに。30分のロスタイム💦
    DSC_2357.jpg

    間違った尾根に取りついてしまい、自分の背丈以上ある力強い草木や笹に押されながら、登ります。
    関西&北陸の春スキーでは当たり前の色々な藪漕ぎを経験してきましたが、この藪こぎはいまだかつてない超1級の藪こぎでした。そして今度はその藪を懸垂下降でおります。

    正しい尾根に取りつき、一峰に到着。
    八ツ峰が綺麗に見えます。
    2018_07_16_10_20180807204425f42.jpg

    二峰到着、振り返ると一峰が見えます。
    (携帯電話のバッテリー切れにて写真なし)

    二峰から30mの懸垂下降。この日のために何回も練習した懸垂下降。無事に終えることが出来ました。垂直、空中等色々な状況での懸垂下降の方法をトレーニングして下さった皆様に感謝です(涙)
    (携帯電話のバッテリー切れにて写真なし)

    剱岳頂上到着。雲が出て来てきたので、雷の心配をしましたが、入道雲じゃない形相でちょっぴり安心。大阪労山が企画した西穂山荘の管理人さんがされたお天気講座、受けててよかったと心から思いました。
    DSC_2372.jpg

    剣山荘到着!
    小屋に対して「Sweet My Sweet Home」のくらいの愛おしさを感じました。

    3日目
    剱御前小屋にて地元富山の方とすっかり話し込んでしまい、1時間のロス。
    しかし裏剱の紅葉が素晴らしく綺麗だという話にすっかり魅了されてしまいました。
    雪渓の白色、草紅葉の赤、そして紅葉の黄色や赤色と色のコントラストが素晴らしく、彼の中でのアルプス紅葉 No.1 とのこと!秋にはぜひまたここに帰ってくるゾ~♪

    剱御前小屋から雷鳥沢キャンプ場までの道で、成人になりきってない若い雷鳥にお目にかかる。立山はいつ来ても雷鳥に会える、いつもは冬の白い雷鳥だったけど、夏の茶色の雷鳥もかわいいなぁ♪
    DSC_2376.jpg


    メモ
    ★登山靴を車から車への乗り換え時、自分の車に忘れてきたことに北陸に入ってから気が付いた。
    登山靴を車に忘れぬよう次回からはザックと一体化させること!
    ★次回からコンタクトの予備も常に持ち歩くようにする!

    バッテリー切れにて軌跡なしです。

    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード