11/12 八ヶ尾山 探索

    2017/11/12 八ヶ尾山探索
    DSC_3100.jpg

    メンバー:ビビ
    天気:晴れ
    八ヶ尾山3

    07:20 筱見四十八滝登山口
    07:29 弁天滝
    08:30 サルガイチ山
    09:15 西峰
    09:20 八ヶ尾山
    <岩尾根探しで藪漕ぎ&岩登り>
    13:00 つまご坂登山口
    13:30 弁天池
    14:00 筱見四十八滝登山口

    中央分水嶺の多紀アルプスの八ヶ尾山へ行ってきました。
    DSC_3077.jpg

    アルプスと名がつくだけに岩場が多く、一般道以外の尾根にも岩尾根が多数あるのことが地形図から確認できたので実際に自分で歩いてみようと思ったので探索のきっかけとなりました。

    山に入る前に笹見四十八滝キャンプ場を管理している多紀支所公民館に問い合わせて、詳細な狩猟期間と狩猟場所を確認。
    今年は11/15~3/15の間、場所は不明でした。

    DSC_3065.jpg
    筱見四十八滝登山口からスタート!
    頑張れば10台くらい停めれそう。トイレ有。

    筱見四十八滝の由来は八つの滝が終始流れているから四十八滝となったらしいです。
    だから滝は八つだけ!
    DSC_3072.jpg

    3つ目の滝を最後に谷筋から尾根にルート変更。
    よく見ると踏み跡がある。

    草木を持ちながら岩尾根を上がる。
    DSC_3076.jpg
    一気に登ったので汗が噴き出してくる。
    DSC_3080.jpg
    サルガイチ山手前のピークの下から明確な踏み跡とテープが出てきた。
    ここから八ヶ尾山までは危険個所は少なく快適な稜線歩き。
    DSC_3092_201712011131150d7.jpg
    積雪期に来ると気持ちがいいだろう。

    八ヶ尾山で少し休憩し、つまご坂登山口へ下って行く。
    標高420m辺りからルートを外して東へトラバース、1つ目の岩尾根に当たる。数十メートル登り、再び東へトラバースしていくと岩尾根に当たる。ここも数十メートル登ると岩が無くなり、さらにトラバース。目ぼしい岩尾根が無いのでそのまま一般道へ登って探索中断。

    つまご坂登山口まで下って筱見四十八滝の駐車場へ戻りお昼にしようと思っていたが、意外とアップ&ダウンで疲れてしまう。
    DSC_3113.jpg
    時間はあるが車に戻るとまったりとしてしまい、午後からの探索は中止して次回へ持ち越し。

    少しドライブして亀岡の湯ノ花温泉に入って帰阪。

    今回歩いた岩尾根はロープ出さなくても登れるが、岩は脆く剥がれやすいので安全な巻きルートで登った場所もいくつかあった。まだ全部の尾根を歩いていないが遠目で傾斜がキツイ岩壁も確認できた。登れるかは別として次回はその周辺を探索するつもだ。

    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード