11/31 三徳山

    三佛寺目指してはるばる鳥取あたりまで行ってきました
    waka3.jpg
    鹿写真は関係ないです。
    若草山行こうと思ったら11/27で閉山でした…

    11/31 三徳山
     11時新大阪発の津山行き高速バス(乗り合い、JR・神姫)に乗って
     13時半津山駅着
     このバス、結構便数多いので岡山方面いくにはとても便利です
     楽だし。
     那岐山とか花形山とかあのへん行かれる時は使えるんじゃないかと…

    津山で車で拾ってもらい(生まれてはじめてのキャンピングカー!)
    三朝温泉までひた走る。
    14:30 受付で拝観料を納め境内を進みます。
    奥の本堂で入山料を払い(残念ながら修復中でした)、タスキを貰って出発。
    一時間くらいで行って来れるそう。
    16時半までには戻るようにって。

    いきなり急でした。
    十一面観音堂のお堂で一礼し、木の根が入り組んだ急斜面のかずら坂を上ります
    mitoku1.jpg
    そしてクサリ坂。
    mitoku2.jpg
    鎖のつけられた岩場を登りきると文殊堂が現れました

    mitoku4.jpg
    舞台造りになってて靴を脱いであがるとぐるりと一周できます。
    こんな断崖にいきなり重要文化財つくっちゃうなんて…無茶しますねえ
    その後平岩と言う岩場を越え、文殊堂に似た「地蔵堂」
    「鐘楼堂」で鐘を突き馬の背をこえると投入堂が見えてきました

    mitoku3.jpg
    役の行者が投げ入れたんですって。うそだろ~(笑)
    でもどうやって建てたんでしょうね。不思議。

    帰りは同じ道を引き返します。
    往復1時間かかんないくらい。

    mitoku5.jpg
    ごめんなさい
    なんだか神域というよりも謎の要塞ってイメージで帰ってきました。

    その後上蒜山まで移動して、風呂→酒盛り→ぐでんぐでんで就寝
    おやすみなさい

    12/1 蒜山
    朝、自転車を上蒜の登山口近くに放置して下蒜に移動
    hiru2.jpg
    犬挟峠から蒜山縦走
    皆さんよくよくご存知なので山行内容ははしょりますが、
    いやすこぶる晴天で気持ちよかったです
    柔らかいなだらかないいお山ですね。
    はるか向こうに大山だけが雪を被った白い姿で鎮座してました。
    hiru1.jpg
    上蒜は北側だけ少し雪化粧だったくらい
    山頂でごはん炊いてたまごかけご飯
    hiru4.jpg
    まじうまいっすよ
    上蒜登山口到着後、自転車で下蒜へ移動
    自転車っつっても生まれて初めてのロード用で股間がいたいの何のって(泣)
    じ…地獄…悶絶…
    そして最終バスのがしました
    なんとか御堂筋線の最終に乗れてばたんきゅ~

    のまちでした。



    コメント

    最初に鹿の画像を見たとき,投入堂に鹿がいたっけとびっくりしました(^_^;
    僕は,今年の夏場に投入堂に行きましたが,同じ場所でも雰囲気ががらっと変わりますよね。
    因みに,僕たちは投入堂→鳥取砂丘→(掛け替え前の)餘部鉄橋へと移動しました。
    関西圏以外にも,魅力的な山々は沢山あるなあとしみじみ~
    結局バス間に合わなかったのね。(笑)

    投入堂、凄いねぇ。
    去年だか3人だけ一般人が入れたんやね。
    ホンマにどうやって建てたんやろ?
    >おっきぃ
    余部鉄橋もう見れないんですよね。
    盛りだくさんなコースですねえ(笑)
    全国津々浦々、特色のある山系があっておもしろいですよね。
    生きてる間に行ききれない(笑)

    >kim兄
    JRの電車ドアの開け方がわからなくて焦りました(笑)
    あそこ入るのどうやって入るんだろ??
    結構断崖…興味があっても勇気がいるかも。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード