白峰の納山祭&南葛城山

    12/13~14
    teruru参加者:k兄、ほ-りー、siz、りー

    K澤さんのお誘いメールでてアメとムチか?思いつつ
      行ってきました白峰納山祭in滝畑キャンプ場。

    まずは河内長野の西友で買出し。
    カートにどさっと盛られた食料のほかに鮭とホッケのひらきがいるらしい。
    あわせて↓こうなりました。
    食材

    到着後、さっそく焼きそばが始まりました。
    網にチェンジした後は鮭の頭とベーグルとホッケが仲良く並び、
    切干大根のサラダ(先日の女性部の料理学校で作成したものをちょっとアレンジ)
    焼き肉、焼き芋、焼きリンゴ、
    鮭バーグ、エビマヨ炒め、チンゲンサイ、団子入りの具沢山汁、
    その他同じ食材でもアレンジを変えて出て来るでてくる。

    ホッケは、先ずは普通に焼かれ身はきれいに食べ、
    残った皮が油が乗って余りに美味しそうだったので
    ネギときのこを乗せてポン酢で味をつけ、朴葉味噌ならぬホッケ味噌にされ、
    最後には皮もせんべいになってバリバリと食べられて。
    ホッケ3段活用。
    ほっけ


    お酒もすすむわ♪
    焚き火を囲んで激論を飛ばす場面あり、交流は深まったのでした。


    *****

    朝になってもちょっと降り続いていた雨もやんだ。

    teruru酔っぱ組と白峰1ペアはここで帰り、
    朝のバスで上がってきた白峰の1名が加わり、
    白峰8名、teruru2名で南葛城山を目差す。

    白峰のTさんを先頭にしての読図山行開始。
    teruruも真剣に地図とにらめっこしてはいます。

    岩湧山を登るときにいつも使う駐車場から、スタート。
    トイレの横の山道を登ると林道にでます。
    岩湧山へはそのまま登るけど私たちはそのまま林道にしばらく進むと、
    右手に小さな看板がでているところで対岸に渡る。

    ・・・この橋、渡るんですか。
    幅が50cmぐらい、ナナメにかたがっている鉄製の橋をそろそろと渡った。
    こわかった。

    送電線に沿って急登をあがり、鉄塔の下でしばらく休憩する。
    谷がはるかに見えて快い。

    ノゾキ平では、平らなところがもう少し広いと地図から読んでたのに狭いなぁ。
    と言う声に、K澤コーチの解説があり
    登高線は10m間隔だから、5mの差があっても地図には載らないと。
    ついでに、ここやったら小屋が建つぐらいの広さがあるから広いでしょう
    うんぬん
    じゃここから通勤するには・・・と楽しい会話は続いていくのでした。

    関電道は足元ガケとか危険印の箇所があり気をつけて進む。
    山頂近くには旧道らしい道があったりして、わかりにくいなぁ。

    無事に南葛城山に到着。
    山頂広場で30分ほどお昼をとる。
    山頂


    南葛城山から一本杉の横を入り、人の丈ぐらいの笹をかき分け・・・ず
    きれいに切り開かれてたので、やぶこぎなしでした。

    笹道から続くこの尾根道は展望がひじょうにすばらしい。
    海と淡路島、明石海峡大橋が見える。3週連続で淡路島をみているがいいものだ。
    山の中腹にある青い屋根は施福寺だっけ?
    淡路島


    たくさん積もった葉っぱで滑るので木につかまりながら山を降りたところで川を渡り、
    さっきの林道の上の方にでた。
    渡川ポイントにテープがたくさんまいてあるけどここから入るのは難しそうだ。

    林道を川に沿っての帰り道の途中にある大滝もダイナミックで見ごたえありです。
    15:30にはスタート地点の駐車場に着いて、16:13のバスに乗って帰りました。

    ところどころテープも張ってあるし、地図読みにはもってこいのルートでした。

    白峰の皆様、楽しかったです。 

                                   (りー)


                    

    コメント

    報告ありがと。

    teruru酔っぱ組1号です。(T_T)
    その節は皆さんご迷惑をおかけしました。

    幸い?酔っぱ2号も記憶を失っており、皆さんを
    はらはらさせたのは単なる取越苦労に終わったようです。
    申し訳ありません。

    でもいいね。冬のキャンプ場。
    焚き火も炭火も最高でした。

    k澤さん、白峰の皆さんありがとうございました。
    Teruru酔っぱ組とぼかして書いたのに
    あーあ。
    何はともあれ
    覚えてないのはいいことですわ。

    また焚き火したいね。
    いや、既に2nd忘年会で話題にしたし。(笑)

    今週末の山行の駐車場もキャンプ場みたいなので、
    良い焚火ができるか見ときます。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード