2017.05.03-05 立山 (スキー組)

    5/3-5/5 立山にバックカントリースキーに行きました。

    IMG_2761.jpg

    ☆天候 快晴!3日間ともドッピーカン!!!

    ☆メンバー 歩き組:プーさん、よっしー、くまのん
            スキー組:カズさん、シンさん、カナ

    ☆コースタイム
    1日目
    立山駅かケーブルで美女平へ
    美女平から立山高原バスで室堂へ
    室堂から雷鳥沢キャンプ場まで歩く/滑る
    テント設営
    雪上訓練

    2日目
    雷鳥沢キャンプ場 05:15
    一ノ越 06:48
    休憩
    御山谷滑走 07:30休憩
    浄土山13:00
    浄土山と竜王岳の間の岳▲2831  13:35
    雷鳥沢キャンプ場まで滑走
    雷鳥沢キャンプ場 14:15

    3日目
    雷鳥沢キャンプ場 05:05
    剣御前小舎 07:00
    剣岳雪渓滑走 07:15
    剣沢キャンプ場付近▲2500 07:30
    剣岳雪渓のぼり返し
    剣御前小舎 08:30
    雷鳥沢滑走
    雷鳥沢キャンプ場 09:30


    1日目
    DSC_1124_201705242316250ad_20170605125907daa.jpg
    美女平から立山室堂平へはバスで移動、途中高さ20mにも迫る巨大な雪の壁「雪の大谷」を通ります。
    過去4回の立山山行が積雪不足、悪天候のためにながれ、今回は2年越しの立山、、、
    10階建てビルに相当する今年の壁の高さをみて、心が躍ります♪


    2日目
    DSC_1135_201705242316130ba.jpg
    一ノ越に向かう途中、雄山に向かう歩き組を発見!手を振りあってお互いの幸運を祈ります。

    DSC_1724_201705242316214d3.jpg
    一ノ越の到着、後ろを振り返ると室堂平のホテル立山と雷鳥平の雷鳥荘の向うに朝日に照らされた奥大日岳を望みます。

    DSC_1141_20170605130841731.jpg
    一ノ越から御山谷を滑走、夜間の気温低下で凍った雪の斜面が朝日に照らされて少し緩み、最高の雪のCondition!
    滑走中のシンさんも「Woo Hoo!!!」と雄たけびをあげけています。

    S_6132058745071.jpg
    滑走してきた御山谷、美しい立山ブルー。
    御山谷滑走があまりに良かったので、もう一度滑ることに。

    S_6132053694074_20170524231622cc4.jpg
    写真後方に写るアルプスをみながら滑走できる御山谷、贅沢なLocationです。
    この2度目の御山谷滑走でカズさんは今までのBC史上、最高速のスピードでの滑走を記録!

    DSC_1729.jpg
    浄土山と竜王岳の間の岳▲2831からの眺め。
    シンさんがおいしそう、、、、(笑)と早朝より目をつけていた斜面を滑走すべく、
    御山谷を登り返し、一ノ越を経由し、▲2831までやってきました。

    DSC_1731_2017060512145784f.jpg
    ▲2831から浄土山まで足を延ばしたら、立山三山の縦走路のむこうに剣山が見えました!

    DSC_1155.jpg
    遠くに見える雷鳥沢キャンプ場(テン場)まで▲2831から2日目最後(3本目)の滑走です。
    春の強い日差しに一日中照らされた雪はかなり重たく、Stop snowに気を付けながら滑ります。

    DSC_1158_20170524231616136.jpg
    ミンチのたっぷり入ったおいしいカレーを食べて、大満足でテントに入ります。
    よっしー、おいしい食事をありがとう!


    3日目
    DSC_1737.jpg
    歩き組が登っている奥大日岳を左に望みながら、雷鳥沢を登ります。
    日光のまだあたっていない斜面はアイスバーンで、傾斜もきついため、途中からスキーをはずし、アイゼンで登ります。

    DSC_1740.jpg
    剣御前小舎から剣岳雪渓滑走を滑ります。
    目の前に広がる剣岳が滑走を続けるにつけ、どんどん近づいてきます。

    DSC_1165_20170524231618963.jpg
    剣岳雪渓滑走終了地点からの剣岳。

    DSC_1741.jpg
    剣御前小舎から雷鳥沢キャンプ場(テン場)を望む。
    剣岳雪渓のぼり返し、剣御前小舎から雷鳥沢キャンプ場に向け、雷鳥沢滑走を滑走です。

    4回のキャンセルを繰り返し、2年間待った立山山行でしたが、天気にも、メンバーにも恵まれ、
    待った甲斐のあった素晴らしい山行となりました。
    カズさんをはじめ、皆様ありがとうございました!












    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード