2016/8/11北穂高岳東稜 1~2日目

    北穂高岳東稜バリエーションルート1日目と2日目
    北穂高岳東稜02h
    2016/8/11~13
    H.C.teruru
    メンバー:ビビ、ぷーさん、カズさん、のぶりん、かなりん、かんちゃん

    北穂高岳北峰からほぼ東に伸びている尾根を東稜と呼び、バリエーションルートの入門コースになっている。涸沢と横尾本谷を分ける尾根の一部で、下部はハイマツなどが生い茂っていて登攀の対象となるのは上部の方になる。
    H.C.teruruでは、バリエーションルートや沢登のリーダー育成のトレーニングを実施しており、その一環として北穂東稜にチャレンジすることになった。

    コースタイム

    8/11
    6:00 上高地
    7:00 明神荘
    8:00 徳沢
    9:10 横尾
    10:30 木谷橋
    12:00 Sガレ
    13:00 涸沢

    8/12
    4:20 涸沢
    5:20 南稜ルートから分岐
    5:50 右又取付
    6:40 ゴジラの背開始
    8:00 ゴジラの背終了
    9:00 北穂高岳北峰
    9:45 北穂高岳南峰
    11:00 最低のコル
    12:00 涸沢岳
    12:30 穂高岳山荘
    15:00 涸沢

    1日目8月11日 晴れ
    DSC_3538.jpg
    上高地バスターミナルに早朝に出発。

    DSC_3549.jpg
    梓川沿いを歩き横尾大橋

    1474957947335.jpg
    涸沢に入りると人が多い!
    お盆休みの初日とあって、テントは500張弱あったらしいです。

    DSC_3585.jpg
    テントの設営を終えて一杯
    1474957863467.jpg

    食事を終えて就寝
    DSC_3595.jpg


    2日目 8月12日 快晴のち晴れときどき曇り
    3:00 起床
    1474957995388.jpg

    4:20 6人パーティーで出発
    昨日の上高地から涸沢まで担いできたテント泊装備から一転、登攀具と行動食と雨合羽の軽装で東稜へアタック!
    DSC_3600_20160929120227830.jpg
    南稜に向かう一般道をしばらく進む。
    次第に夜が明け前穂北尾根や奥穂のモルゲンロートに染まる姿が美しい。
    1474958003704.jpg
    涸沢から1時間ほど登るとガレ場が現れ南稜へ取り付くハシゴが左側に見える。
    北穂高岳東稜03
    北穂高岳東稜 あのギザギザの尾根に取りつく

    5:20 南稜との分岐
    ここで登攀具を着けて進路を右に変えて、草付の尾根を目標にガレ場をトラバース。テンポよくガレ場を歩いていると浮石に乗りバランスを崩すこと度々。
    1474958015310.jpg

    しばらく進むとY字のルンゼが現れる。今年は暖冬で早くから雪渓はなくなっていたようです。ルンゼの右股の左側の踏み跡を進むみ、簡単な岩場を登ると東稜の稜線へ出る。
    1474958019565.jpg

    横尾本谷側に目をやると南岳の肩に槍ヶ岳の穂先が顔を出している。
    涸沢側の穂高の景色も見飽きたので槍の姿が新鮮に感じられた。
    北穂沢側は急で本谷側の傾斜は緩やかになっている。
    1474958018328.jpg
    稜線を進むと右側に巻道、左側は岩稜となっている。
    DSC_3646.jpg

    せっかくなので巻かずに左側の岩稜伝いに行く。
    リッジを少し進むと東稜(下の)コルに出る。
    快適な稜線の岩稜歩きが続く。
    DSC_3649.jpg
    途中で北穂沢側に出て幅40cmほどの岩棚をトラバースするところも高度感あって楽しい。

    6:40 ゴジラの背(核心部)
    北穂高岳東稜01

    1P目
    3人1組で50mロープを半分に折り返して、真ん中をトップ、末端を2、3番目に結ぶ。ハーケン等の支点が無かったので小ピナクルにスリング掛けて支点を作る。尾根自体は両側が鋭く切れた幅数十センチほどのナイフリッジ。下を見るとすごく高度感あり転落すれば即アウト(>_<)手足共にしっかりホールドがあるが安全のためロープを出したほうがいい。ナイフリッジを北穂沢側に回り込み数メートル進み小さなギャップを越えると3m程のほぼ垂直な壁が出てくる。この壁の付け根にハーケンがあったので念のためランニングをとったが、短いヌンチャクを使ってしまったのが悪かった。そのままリッジに上がり横尾本谷側へ回り込んだまでは良かったが、さっき壁の下で取ったランニングがロープに屈曲部をつくり流れを悪くしている。そのため、支点に使えそうな一番高いピナクルまでロープが数メートル届かず、手前のハーケンと小岩で終了点を作ることになる。50mロープ折り返しの25mでは少し短く30mくらい欲しい。2番目、3番目のビレイを開始するが、あまりにもロープが重いので2番目の人にピナクル直下のランニングを外してもらいスムーズにロープを引けるようになる。あそこでは長めのスリングを使用するか、あえてその場所でランニングを取らないほうがロープの流れが良かったのかもしれない。

    2P目
    一番高いピナクルで支点を取り、さっきと同じ3人1組で50mロープを半分で折り返して同じように結ぶ。
    1474958030882.jpg
    ここも左右に切れ落ちた細いリッジだが手足のホールドが沢山あるので落ち着けば大丈夫。ランニングは小岩にスリングを差し入れて1箇所取った。15mほど進み安定した場所に終了点を作る。ロープの流れも良く2、3番目のビレイも即終了。

    ここから先は安定していたので横尾本谷側をロープ確保無しで10mほど進むと懸垂下降点が現れる。ここのピナクルに残置スリングが何本もかけれれている。ここから東稜のコルへの下りは横尾本谷側の巻道とクライムダウンも可能だが、残置スリングを支点に使わせてもらい10mちょっと懸垂下降でおりる。

    8:00 東稜(上の)コル
    懸垂下降の降り口にライチョウ
    1474958044240h.jpg

    ここから北穂高岳小屋までは登攀具の必要ないが急登だ。もう少し楽しみたかったので踏み跡を無視して岩場をよじ登ると、小屋の石垣が見え登り切ると登山客で賑わっている北穂高小屋のテラスにいきなり飛び出る。
    1474958059308.jpg
    9:00 北穂高岳山荘到着

    テラスでしばし休憩して、北穂高岳山頂へ
    1474958057994.jpg
    槍ヶ岳方面

    1474958053790.jpg
    前穂高岳北尾根

    南稜を下って帰るの予定でしたが
    時間が余るので涸沢岳を縦走しザイテングラードで涸沢へ下る。
    1474958068218.jpg
    涸沢岳へも難所が続きます。
    DSC_3745.jpg

    涸沢岳山頂
    1474958077158.jpg


    <感想>
    初日から3日間晴天に恵まれ、穂高の景色を堪能できた。東稜ルートでは渋滞を想定していましたがスムーズに通過でき予定通りに突破できたのは幸運でした。北穂高岳東稜は幅数十センチのナイフリッジの通過が核心部で、高度感に慣れてしまえば岩登りの技術的には難しくなく、ここに鎖などを設置すれば一般登山道と変わらない印象でした。それでも前穂北尾根のスカイラインや槍を見ながらの東稜登攀は最高でした。


    文  ビビ
    写真 ビビ、ぷーさん、カズさん、のぶりん、かなりん

    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード