7/24-26明神岳

    日程:7月23日夜発~26日
    天気:晴 
    メンバー:
    N崎さん、かずさん、のぶりん、KAN
    行程:
    1日目 上高地→岳沢ヒュッテ
    2日目 岳沢ヒュッテ→明神岳分岐→5峰→4峰→3峰→2峰→主峰(明神岳)→前穂高→岳沢ヒュッテ
    3日目 岳沢ヒュッテ→上高地

    初めてのバリエーションルート。天気も好転し、楽しいエキサイティングな山行でした。


    5峰の残置ピッケル

    山行報告(2日目の詳細行程・記録と天気考察は、末尾のかずさんレポートに記載します)

    前日
    梅雨明けの好天のはずが、台風12号の不穏な動きにより天気予報が微妙な中で出発。
    途中、某SAで小雨の中でテン泊。

    1日目
    5時に起床し、あかんだな駐車場に駐車し、バスで上高地に移動。まだ、小雨です。
    今日の行程は短いので、と上高地でコーヒーブレイクしている間にお日様が。
    岳沢の登山道を約2時間強で岳沢ヒュッテに到着。テントを張って、お昼寝タイム。明日のために体力温存です。

    2日目
    3時起床4時出発。岳沢を約1時間下り、目印7の分岐から明神岳へ。そこから樹林帯を急登します。一般道でないので道は分かりにくいが目印はあります。



    森林限界を越えるとがれた岩場が続きます。目印がないのでルートファインディングが難しいです。



    myoujin001.jpg

    やっと5峰のピークに到着しました。上高地を直下に見下ろすアングル。普段見れませんね。



    その先には、4峰、3峰、2峰、主峰と更に続きます。



    2峰の下りで懸垂下降しました。



    myoujin002.jpg


    やっと明神主峰に到達です。

    myoujin006.jpg

    myoujin007.jpg

    そこから前穂高までは踏跡も不明瞭でしたが、
    最後の力を振り絞って登破。あとは重太郎新道を岳沢ヒュッテまで下り本日の行程終了。

    本日のルート

    gps20150725.jpg


    その日の夕食は、かずさんスペシャルのお好み焼を堪能しました。キャベツもネギもしっかり担ぎ上げました。

    myoujin003.jpg

    myoujin004.jpg





    3日目
    ゆっくり起きて、ゆっくり下山。
    上高地から明神、前穂高、奥穂高、西穂高がきれいに見えました。

    myoujin005.jpg



    以上

    写真:かずさん、のぶりん
    文責:KAN


    かずさんレポート:

    2日目のコースタイム

    ★コースタイム
     4:10 岳沢小屋
     5:05 7番プレート取付き
     7:30 2500m(ハーネス装着)
     8:10 Ⅴ峰
     8:55 Ⅳ峰
     9:30 Ⅱ峰
    10:35 Ⅰ峰
    11:30 奥明神沢のコル
    12:45 前穂高岳
    13:25 紀美子平
    14:55 岳沢テント場

    記録として残しておきたいこと

    ★使用ギア類
    ロープ9mmx50m、環付カラビナ、確保器、シュリンゲなど(懸垂下降3回)

    ★ルートメモ
    取付き:風穴の少し上高地側の尾根上。7番プレートが目印になるので発見は容易。
    Ⅴ峰まで:尾根ルートなので比較的分かりやすい。踏み跡を忠実にたどるとよい。不明瞭なところには赤テープ等が付いている。
    Ⅴ峰からⅣ峰:岳沢側に少し下ってすぐに右にトラバースする。トラバースしない踏み跡も下に続いているので、誤って下りすぎないよう注意を要する。
    Ⅳ峰からⅢ峰:岳沢側を巻く。途中で右手にⅢ峰に直登できそうなポイントがある。見た感じではⅢ級程度。Ⅲ峰ピーク北側の斜面もⅢ級程度の切り立った斜面(下るには懸垂下降が必要か)。
    Ⅱ峰への登り:踏み跡をたどる。
    Ⅱ峰からの下り:懸垂支点がⅡ峰ピークの手前と奥の両方にある。奥の支点を使う(25mの懸垂)。奥の支点の真下に次の支点がある(15mの懸垂)。
    Ⅰ峰への登り:ルートは不明瞭。踏み跡を繋ぎ合わせて登る感じ。少し岳沢側を意識するとよいかも。
    Ⅰ峰の下り:ピークから稜線伝いに行くと急斜面である。ピークから少し戻って岳沢側に下り、右へトラバースする。踏み跡はなく、ガレ場の平坦なところを繋いで歩く。
    Ⅰ峰から岳沢槍:踏み跡をたどる。
    岳沢槍からの下り:懸垂支点が上下に2ヶ所あるが、上の支点は使わずに歩いて下れる。下の支点から奥明神沢左股のコルまで懸垂下降(20m)。浮石が多い。
    前穂への登り:ルートは不明瞭。踏み跡を繋いで登る。岳沢側をトラバースしながら登ると踏み跡が明瞭になってくる。そのまま踏み跡をたどると稜線に出る。

    ★気象
    ●事前の予報(ヤマテン)
    予報発表日時: 2015年07月23日 16時00分
    気象予報士のコメント:
    24日:太平洋高気圧の勢力が弱く、その縁を湿った空気が日本海から入る見込み。このため、午前中は断続的に雨となる。前日からの雨で沢が増水している恐れ。午後は雨が止んでいき、夕方になると、常念山脈や中腹以下では青空が広がっていく。槍穂や笠ヶ岳、乗鞍の稜線では朝夕、西風がやや強まる。
    警戒事項:沢の増水
    25日:太平洋高気圧の縁に入る午前中は、稜線でガスに覆われるが、常念山脈や中腹以下では次第に晴れてくる。また、午後は太平洋高気圧が次第に強まっていくため、常念山脈以外の稜線のガスも取れていく見込み。稜線では昼過ぎにかけて西風がやや強く、朝のうちは槍穂や笠、乗鞍、常念~蝶ヶ岳で強まる見込み。
    ■槍ヶ岳 山頂の天気
    ◇2015/07/24 06:00
     天気:霧ときどき雨
     気温:10 ℃
     風向:西北西
     風速:10 m/s
    ◇2015/07/24 12:00
     天気:霧
     気温:12 ℃
     風向:西北西
     風速:8 m/s
    ◇2015/07/24 18:00
     天気:霧
     気温:11 ℃
     風向:西北西
     風速:12 m/s
    ◇2015/07/25 00:00
     天気:霧
     気温:11 ℃
     風向:西
     風速:15 m/s
    ◇2015/07/25 06:00
     天気:霧
     気温:11 ℃
     風向:西
     風速:17 m/s
    ◇2015/07/25 12:00
     天気:晴れときどき霧
     気温:14 ℃
     風向:西北西
     風速:13 m/s
    ◇2015/07/25 18:00
     天気:晴れ
     気温:12 ℃
     風向:西北西
     風速:8 m/s

    予報発表日時: 2015年07月24日 16時00分
    気象予報士のコメント:
    25日:太平洋高気圧の縁に入る朝のうちは、槍穂や笠ヶ岳~双六の稜線でガスに覆われるが、乗鞍岳や常念山脈、中腹以下では朝から晴れる見込み。また、日中は太平洋高気圧が次第に強まっていくため、稜線のガスも次第に取れていく傾向。朝のうちは槍穂や笠、乗鞍、常念~蝶ヶ岳の稜線では西風がやや強いが、日中は徐々に弱まっていく。
    ■槍ヶ岳 山頂の天気
    ◇2015/07/25 00:00
     天気:晴れのち霧
     気温:11 ℃
     風向:西
     風速:13 m/s
    ◇2015/07/25 06:00
     天気:霧ときどきくもり
     気温:10 ℃
     風向:西
     風速:11 m/s
    ◇2015/07/25 12:00
     天気:霧のち晴れ
     気温:13 ℃
     風向:西
     風速:8 m/s
    ◇2015/07/25 18:00
     天気:晴れ
     気温:12 ℃
     風向:西
     風速:7 m/s

    ●実際の状況
    天気概況:台風12号が予報より西へそれて九州の西側を北上する。それにつられ太平洋高気圧が中日本に張り出してきたため、事前の予報よりも好天となる。
    24日:朝は雨。9時ごろに雨はやみ、昼前から晴れ間が除く。登りは蒸し暑く、Tシャツ一枚で汗をかく。
    午後になると明神稜線のガスはなくなる。穂高の稜線はガスが取れなかった。
    25日:天候は薄曇~晴れ。朝から明神の稜線にガスはかからず。
    午前中稜線では風速10m前後(体感)。Tシャツ+長袖シャツ+薄手ウインドブレーカーで、じっとしていると寒い。指先が少しかじかむ。前穂までこの服装で行動し丁度良かった。
    11時ごろになると奥穂にガスが掛かる。午後は風が弱くなる。標高が下がるにつれて暑さを感じるようになった。

    以上

    コメント

    みんなかっこいいなあ。
    かずさんのレポートにも感心するばかりです。
    テルルのメンバーでいることの幸せを感じたり、
    ちょっと気後れしたり
    お好み焼き食べたかったなあと思ったり
    しかできない私・・・

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード