7/19-20奥穂ジャン西穂高縦走

    7/19-20奥穂ジャンダルム西穂高縦走

    縦走前半は悪天候、けど昼から晴れてきました。

    DSC_1059_2015072511493364a.jpg

    1日目(19日) 新穂高温泉~穂高岳山荘

    縦走前半は悪天候、けど昼から晴れてきました。



    メンバー:ビビ

    天気:曇り、午後から雨

    コースタイム
    新穂高温泉ロープウェイ駅前 5:30
    白出沢出合            6:35
    白出沢大橋            7:20-30
    荷継小屋跡            8:02
    雪渓                9:00-15
    穂高岳山荘           10:35
    北穂高岳            雨天中止



    台風11号はすでに日本海に抜けているのに天気はすっきりしないが、
    天気回復を期待して新穂高温泉へ車を走らせる。

    午前1時過ぎに駐車場着!
    朝5時に出発予定なので4時起床。
    仮眠時間は3時間弱(T_T)

    午前5時過ぎ深山荘駐車場を出て
    右俣林道の登山口まで20分の歩き(汗)

    新穂高温泉ロープウェイ駅前  5:30出発
    DSC_0915.jpg

    朝の天気予報では天気は下り坂(;_;)
    途中の重太郎橋が増水で渡れない場合は
    引返すことも念頭に置いて出発することに。

    右俣林道の登山客はパラパラ程度。
    そのほとんど槍に向かう人のようです。


    白出沢出合  6:35
    DSC_0923.jpg
    やっと登山道らしくなってきました。
    しばらく樹林帯の中を歩くと遠くで沢の音が聞こえる。


    重太郎橋  7:20
    DSC_0933.jpg
    重太郎橋がちゃんと架かっていました。水量は多いが余裕で渡れました。
    これで穂高岳山荘に行けます(^_^)

    沢を渡り岩切道から荷継小屋跡までは急登が続きます。

    岩切道 鎖があるので安心
    DSC_0948.jpg


    荷継小屋跡   8:02
    DSC_0953.jpg
    ここからは浮石だらけのガレ場を登って行きます。

    上は霞んで何も見えないが数百メートル先に雪渓が見える。
    そこまで休憩なしで頑張るつもりが、
    5分で休憩。バテバテで25m登って休憩を繰り返す。



    嫌なガレ場から、やっと雪渓が出てきて大休止。9:00-15
    DSC_0958.jpg
    6本爪アイゼンを装着。
    本当は10本爪以上のアイゼンが必須らしいが荷物の軽量化のため6本爪。
    雪渓はグズグズに溶けてるわけでもなく、
    ガリガリに凍ってるわけでもなく、
    程良い硬さでストックを使いながら軽快に登って行く。

    標高2600m辺りで雪渓とはサヨウナラ(^^)/

    再びガレ場をヘロヘロになりながら登る。
    DSC_0966.jpg
    さっきまでの雪渓の方が楽です。



    穂高岳山荘  10:35
    DSC_0970.jpg


    白出沢コースは登山客に誰も会いませんでした。
    林道、樹林帯、川の渡歩、鎖場、ガレ場、雪渓と
    なかなかバリエーションに富んだ道なんですが不人気なんですかね。

    お昼ごろには雨が本降り。
    小屋に入ってくる人皆ずぶ濡れ状態。
    一向に止む気配なし。
    昼から北穂高に行こうと思ったが
    これじゃ無理なので諦める(T_T)

    夕食の17時まで長い(>_<)
    ウツラウツラ寝ていると、
    待ちに待った夕食の放送が入り食堂に集合(^_^)
    DSC_0973.jpg

    メニューは焼き魚とコロッケ、サラダとお味噌汁。
    ご飯とお味噌汁はお代わり自由でした。
    美味しがったです(^o^)

    食事を終え部屋に帰ると
    皆さん明日の天気の話題で持ちきり。
    どうやら明日は雨はないとか。
    けど所により雷雨?

    どっち?

    明日は奥穂に行くつもりで3時起床。
    4時出発で目覚ましをセット。


    2日目(20日) 奥穂~西穂山荘

    天気:ガスと強風と午後から晴れ

    コースタイム

    穂高岳山荘     4:00
    奥穂高岳      4:25-30
    馬の背       4:38
    ロバの耳      5:25
    ジャンダルム    5:42-52
    コブ尾根の頭    
    天狗のコル     7:28
    天狗岳       7:48-8:00
    間天のコル     8:20
    間ノ岳       8:40
    赤岩岳       9:12-25
    西穂高岳      9:58-10:10
    チャンピオンピーク 10:18
    ピラミッドピーク  10:40-45
    独標        11:00 
    丸山        11:30
    西穂山荘      12:00-40
    西穂高口      13:30





    起床       3:10
    午前3時の目覚しのバイブに気づかず、
    隣の人のガサガサ音で目が覚める。

    どうやら雨は上ってる模様。
    しかしガスで視界がない。
    朝食べないと保たないので無理やり口に入れて
    靴を履きヘルメットを被り準備完了。


    穂高岳山荘 出発  4:00
    気温10度

    穂高岳山荘を出るとまだ真っ暗闇で寒い!
    その上強風とガス!
    雨が降ってないのが唯一の救いだ。

    奥穂高岳に登るも真っ暗でどこから登るのか見えない!
    南側の岩壁に近づくとペンキで○印が書いてある。
    それをたよりに岩をよじ登る。
    ガスでライトの光も届かず視界不良、
    数メートル先が見えない。
    ヘッドライトを上下左右に動かして○印を探しながら山頂に到着。


    奥穂高岳山頂   4:25-30
    DSC_0981.jpg
    誰もいないし、来ない(T_T)
    寒いので素早く写真だけ撮って西穂へ向かいます。



    馬の背      4:38

    ガスの中を尾根をたどって行くと
    すぐにナイフリッジの馬の背が現れる。
    飛騨側からの強烈な風が身体を緊張させ、濡れた岩が筋肉を硬直させているのがわかる。
    丁寧に足の置き場を確認しながらゆっくり下りる。
    風にあおられながらのここの下りは気が休まる暇がないです(T_T)
    DSC_0991_201507251150066f0.jpg



    ロバの耳     5:25

    晴天ならロバの耳からジャンダルムを見る事が出来るのだが全く見えず残念!


    ジャンダルム   5:42-52
    DSC_1000.jpg
    ロバの耳から急斜面を下るとジャンダルムの北側の壁が見える。
    割と垂直に近い壁だが登れそうに思う。
    しかし岩に×印があるのでやめとく。
    信州側の巻き道に鎖があり一旦西穂側に行く。
    どこでも登れそうなので適当に登ると簡単にジャンダルム登頂。
    憧れていたジャンダルムにあっさり登れたので拍子抜けしてしまいました。

    視界ゼロ!
    もちろん誰もいない、来ないジャンダルムを独り占めです。
    風がきついので下がった岩影で小休憩。


    コブ尾根の頭
    ここからは記憶が曖昧ですが幾つかピークがあり登ったり下りたり!

    風はきついが尾根をたどって行けばいいので快調に進んでいると○印が無くなる!
    そのまま岩のピークを登ると向こう側に降るが恐らくルートを外した模様。

    厳しいクライムダウン(+_+)

    改めて危険な所に来てるんだと実感(*_*)

    しばらく降りて行くと 巻き道と合流する。

    やっぱり ルートをはずしていたようだ。
    再びガスで○印を見落として怖いクライムダウンを1、2回繰り返す。


    天狗のコル    7:28
    DSC_1009_20150725115009981.jpg
    コブ尾根でルートを外したので予定時間より少し遅れている。
    雨は降っていないのに強風とガスで衣服は濡れている。
    緊張感のある登攀で口の中が変な味がするので水分を摂る。
    ここはエスケープルートで岳沢小屋まで下りれる。


    天狗岳  7:48-8:00
    10m以上の垂壁に鎖がある。
    DSC_1012.jpg
    この辺りで足にも疲れが出てきているのか少し登って休憩、少し登って休憩を繰り返す。


    逆層スラブ    8:12
    DSC_1018.jpg
    天狗の頭からの下り、間天のコルの手前に噂の逆層スラブが現れた。
    雨は降ってないが岩は湿っておりツルツルの滑り台が10m以上あったと思う。
    飛騨側はガスではっきり見えないがスパッと切れている。


    間天のコル    8:20
    DSC_1023.jpg
    ガスと岩場ばかり歩いていると、
    花を見るとホッとします。



    間ノ岳      8:40
    コルからガラガラの浮石斜面を登る。
    DSC_1029.jpg
    落石の危険地帯!
    落とさないように又当たらないようにしないと!
    自分が落石の加害になることもあるし、被害者になることもありえる。

    DSC_1026.jpg
    しばらく登ると垂壁に鎖が出てくる。
    浮石の上を歩くよりは楽しいが疲れる!

    上で人の声が聞こえる!
    今朝、穂高岳山荘を出て誰にも会わなかったので嬉しかったです。少し話して進むと上から男性2人が岩壁から慎重に下りてくる。
    DSC_1028.jpg


    赤岩岳      9:12-25
    間ノ岳で数名の方と会った。
    その後西穂高岳まで誰にも会わなかったので、
    時間的にその日すれ違った7名だけが西穂山荘から奥穂に向かったようです。


    西穂高岳山頂   9:58-10:10
    DSC_1044.jpg
    山頂では10名くらいの方が山頂で休憩されている。
    奥穂もジャンダルムも誰も居なかったので頼めなかったが記念写真をお願いできた。
    登頂を祝ってくれているのかガスが消えてきた(^o^)

    西穂独標     11:00
    お天気になってきました(^-^)
    DSC_1074.jpg

    DSC_1077.jpg
    やっぱりピークの人口密度は凄い。
    ザックを置く場所もないくらいの人ゴミ!
    DSC_1079_201507251149054ee.jpg
    前穂、明神
    DSC_1058.jpg
    笠ヶ岳
    DSC_1106.jpg
    焼岳と西穂山荘
    DSC_1081.jpg
    もう休憩なしで独標を下ります


    西穂山荘     12:00-40
    急にコーラが飲みたくなりゴクゴクと最高に旨いです。

    ロープウェイ乗り場13:30
    DSC_1121.jpg

    ロープウェイは13:45なのでゆっくり下りていく。
    切符を買って乗り場に向かうと沢山並んでる。
    お天気のせいか!
    DSC_1124.jpg

    新穂高ロープウェイ駅に
    着いて駐車場までの道のりが長い!

    車の前に来て無事下山です。

    奥穂~西穂までは鎖などの補助があったり無かったりで緊張を強いられる登攀を繰り返します。
    体力も必要ですが登攀時間が長いので集中力が切れることで滑落の危険度が増すんだと思います。小まめな休憩で緊張を緩和させることが大切だと感じました。
    下山後聞いた話では3日前にこのコースで1人滑落されていたみたいです。5月の連休も滑落死がありました。
    奥穂~西穂へは核心部が前半にあるので後半は気分的に楽でしたが馬の背下るのはヤバかったです(笑)

    後半の西穂高岳からガスが消えて景色を楽しめましたが前半の岩場の絶景が全く見えなかったので
    次回は天気の良い日に西穂~奥穂の逆コースを挑戦したいです。

    写真:ビビ
    文:ビビ

    コメント

    強風のなか、ひとりでつっこむ精神力がすごい!
    でも行ってみたい〜
    単独だから行ったので、何人かで行ってたら引返してたと思います。やっぱりジャンダルム行く時は晴天の時に行ってください(^^)/
    穏やかな笑顔のイメージとは違い
    すごいバイタリティやなあ。

    詳細なブログにも感心しました。
    こっこさん
    稚拙な文で読みにくかったと思いますがありがとうございます。
    普段のんびりしてるので山ではちょっとハードな山行がいいみたいです(笑)

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード