7/18~19大峯部分縦走(吉野~山上が岳)

    2年前に本会の特別登山にて踏破したコースをもう一度かみしめたくて,法螺貝を持参して単独行リベンジ。
    2年前には通行できなかった在来道を通過したり,弘法大使の道の一部をトレースすることができ,自分なりに満足な山行でした。
    kobochan.jpg
    18日
    当日朝,前日の疲れのせいか想定外の大幅な寝坊をしてしまい,特急で吉野駅に向かうことに。。

    9:30 吉野駅
    また,大幅な時間節約を狙って,ケーブルとバスをつかうが,バスはこの時期たまたま道路工事中のために途中の竹林院どまり(*_*)

    10:00 竹林院 実質ここから徒歩登頂。

    11:00 奥千本(金峯神社):昼食&法螺貝タイム

    この辺りから,ところどころ,「弘法大使の道」を意味する「Kobo trail」の鉢巻きの目印が巻きつけられているのを目にする。何だか,アニメのコボちゃんみたい(*^_^*)

    kobochan.jpg

    11:40 青根が峯

    aiminegadake.jpg


    ここから(kobo trailを外れて)村道に沿って四寸岩山を回避してニ蔵小屋に行こうとするも,助四朗尾付近の道路の大幅な崩落のため,(自動車のみならず徒歩でも通行不能)撤退を余儀なくされ,結局,四寸岩山を経由する羽目に(*_*)

    最初からkobo trailに素直に従って行けば1時間ほどの余計なタイムロスはしなかったのに。。


    14:10 四寸岩山頂上
    ここからは稲村・大日岳がまみえる。

    yonndunn.jpg


    15:30 ニ蔵小屋到着 夕食 水場で水汲み

    2年前に特別山行で行ったときに比べ,雨除けの軒先が設置されていた。雨天時の炊事がはかどることだろう。小屋の中は,日が沈むまでは,ハエの飛び回る音が五月蠅い。。

    nizoukoya.jpg

    当日は他の利用者はおらず,小屋は独り占め。
    また,利用者が自由に記載できるノートが備えてあり,これを読むのが実に楽しい。

    関東圏等結構遠方からの利用者もあり,中には英語でつづられている日記もあった。
    山小屋の管理者へのSpecial Thanksが。
    小屋管理者の環境維持によって気持ちよく利用させていただいていることを,私たちは決して忘れてはいけないと思う。

    また,小屋は冬季閉鎖するのを惜しむ声があった。(昨年は11月10日から今年3月末日までとの看板が)大峯山寺の戸開けの時期に合わせているのが本来であろうから,小屋管理の大変さからいえば止むをえないだろう。


    17:00 就寝
     
    5:00頃,雨が小屋をたたきつける音で目が開く。ちょうどそのときに,登山者が雨宿りに小屋に入ってきた。。聞くと近鉄の最終で吉野から徹夜で来たそうだ。すごい精神力。

    ここで
    朝食&法螺貝練習タイム


    6:00 出発 kobo trailは大天井岳通過を推奨しているが,ここは迷わず通行止めが解除されている在来道を通行することに。水場では崩壊されているところが仮復旧されており,なんとか通過できた。
    こうなれば,金峯神社付近にいまだに設置されている看板は修正又は撤去してもいいのではないかな。


    (ニ蔵小屋から大天井が岳または在来道への分岐)
    IMG_20140718_153410.jpg


    (在来道の仮復旧されていた箇所)
    DSC_0255.jpg


    7:40 五番関(女人結界) ここではソフトバンクのアンテナがMAX!何故?
     以前「エコの作法(熊野古道SP)」の放映で,ダニエルカールさんがここから大峯山寺に入山し修行するシーンがあった。その影響かな?

    また,Kobo trailもここで消えていたが,これは,大天井岳の途中で分岐していると推測された。

    DSC_0259.jpg

    9:30 洞辻小屋 ここで清浄大橋からの登山者と合流。おなじみの「ようお参り」の掛け声が嬉しい。ただ,この辺りから雷がごろごろ。。

    DSC_0265.jpg


    10:00 西の覗 (法螺貝を吹きながら)親不幸はしないぞ。僕にとっては最高のパワースポット!

    DSC_0268.jpg


    10:50  旧道を経て,大峯山寺敷地内に。山上が岳到着。

    DSC_0274.jpg


    DSC_0278.jpg

    (山上が岳からレンゲ辻方面(稲村が岳)を望む)
    DSC_0284_2014073117451150f.jpg


    早朝からの時雨ぎみの天気がなかなか回復せず,今後雷のリスクもありえたので,今回はここで打ち切りにすることに。BSの「にっぽん百名山」でも紹介されている「大普賢岳~行者還~弥山」への周遊ルートは次の機会に挑戦したい。

    11~12: 大峯山寺の敷地内で食事 
    「飯でも空海,わしゃ親鸞(知らん)」

    14:30 洞辻茶屋経由し,清浄大橋方面へ下山。 帰路には洞川村温泉街を練り歩き,ごろごろ水のお豆腐を購入して,天川村を後にした。

    (清浄大橋側の女人結界)
    DSC_0285_20140731174607d9d.jpg

    報告:Oきい

    コメント

    お疲れ様。
    詳細な報告ありがとう。

    お天気残念だったね。

    Kobo trailは確かにイメージが違うなぁ。
    6月末の週末に、表記のトレランが開催されたみたいですね。
    所々に散見されたハチマキは、そのときの残骸だったみたいですね。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード