6/20 御在所 東多古知谷


    沢の季節が解禁ですよ。にやり。
    朝発なのにわざわざ遠出で水のない沢へと行って来ました。

    _014.jpg

    メンバー:K兄、のぶりん、Uさん(カランクルン)、のまち
    天候:晴れ/曇り

    表道とスカイラインが交差するあたりの駐車スペースにて準備
    入れたり出したり、、、
    久しぶりすぎて、全員ぼんやりーぬ。
    002 280


    堰堤の上から入渓
    ちょっと暗いしぬめぬめちょろちょろ。。。
    迷わず巻いて、、、
    _006.jpg

    大岩が積み重なった小滝をいくつか越えてくと
    _007.jpg

    20m斜瀑が見えて来た。
    _009.jpg

    階段状の易しい滝なんだけど、
    のっけからのヌメヌメ攻撃に何となく落とし穴の予感(笑)
    だもんで慎重に?ロープ出してもらう。
    _013.jpg


    で。
    すぐに百聞滝 70m

    見つめる登攀馬鹿一代
    IMG_1255.jpg

    ちょっとだけおさわりするってか?
    無理すな無理すな。
    おい。やめとけ。
    帰ってコーイ!!!怒

    最初の残置に掛けた時点でもう人の制止の声は右から左。
    下りれないとこまで登ってから
    『登ったら戻られへんがな。へへ。』
    おま、、、策士、、、
    IMG_1262.jpg

    とか言いつつの今年入ってからのボルダー修行の成果か?
    ちょっと苦労しながらもフリーで抜けた。
    違うステージに行っちまったね。。。

    その頃のK兄。
    至れリ尽くせり。まるでおかあさん。
    IMG_1259.jpg

    35m目一杯伸ばして途中の窪みでピッチ切ったみたい。
    次はフォローが登る番。
    なんとなくK兄と譲り合いっこして、、、
    いやいや、やっぱやらしてくれい。実は行きたい私。。。
    K兄も吝かではない感じだったけど、、、?
    岩は嫌いとか言いながら、、、
    実は登るの好きなんじゃないのかな〜??

    正直言うと下から見てる分にはまあ私だって岩屋のハシクレ、
    頑張れば何とかなるんじゃねえかな、って思ってたんだけど、、、

    _021.jpg

    はい。しょっぱなからヌメヌメ逆層薄被り、、、
    ひょええええ。どええええ。
    阿鼻叫喚とはこの事か?

    スタンスヌメヌメ泥泥
    スリングアブミ&A0で無理くり上がったらホールドが無い、、、

    うほ。
    万事休すとはこの事を言うんだね。

    まるでフォローの方が偉いかの如く
    『おいロープたるんでっゾ!!!』
    罵声浴びせながらも足は生まれたての子ヤギ状態。
    俺の左足バイブレーション。
    日頃の運動不足ここで露呈です。。。

    _022.jpg


    その頃ののぶりん。
    ラーメン食べよっかな〜
    _018 400


    何とかボス猿の待つ窪みまで上がったと思ったら
    今度は2ピッチ目のビレイ中ブヨ地獄。
    あかん、、、明日お岩確実、、、
    でも先にUさん凹ってゲップ状態だったのか
    私は珍しくほとんど刺されてませんでした。

    2ピッチ目はフリクションの信用できないスラブ、
    若干気持ち悪さはあるものの、
    傾斜が少し緩んできたのか割とさくさくロープは伸びてく。。。
    って伸び過ぎ!!
    あと10mだよーーー。
    おーい。あと5mだってば!!
    あと3m、、、2、、1、、、うおい!!!
    ワタシノコエわトドイてマスカーーーー
    鈴鹿の空に吸い込まれてく虚しい叫び。
    下で見守っててくれた二人ももう左岸から巻いたみたい。
    そして誰もいない、、、
    今年一番孤独でした。泣


    その頃ののぶりん。
    _025.jpg

    バンダナも乾いてきたらしい。
    _026.jpg


    落ち口に這い上がった時点ですでに3時間経っている、、、
    うへえ、、、K兄のぶりんごめん!!
    『オツカレ〜』って笑顔で迎えてくれたけど、、、
    目は口ほどに物を言い、、、てね。
    ちゃっちゃと登れよこの豚があ、とか、、、
    てめーらだけ楽しんでんじゃねえよ、とか、、、
    確かに聞こえた2014夏。


    改めまして、お待たせしました。
    ここからね、ここから気持ちよく沢歩こうやね。

    ナメがあったり登れる小滝があったり。
    大岩がゴロゴロしてて大味な印象は拭えないけど、
    それなりに楽しめる沢は続く。

    水が少ないからちょっと綺麗じゃない感じもしたかな。
    でも短くて明るくて気持ちいい沢だと思う。

    テープ見っけ v
    _027.jpg

    表道と交差するところで尾根に上がって
    のぶりんに煽られて息上がらせながら山頂目指す。

    山頂広場でK兄が作ってくれたラーメン。
    マルタイの鶏塩味。さっぱり旨かった☆
    まばらな観光客にまぎれて一頻りまったり。
    山ボーイ×2、山ガール×1、寝巻き×1 
    に変身?して小一時間で下山。

    見晴台から見えた百聞滝。
    DSC_0605.jpg

    アレ登ったの??
    うそーん。
    あ。登ったのUさんか。ワタシ引き上げられただけ。笑

    帰りはすっかり洒落乙に生まれ変わった片岡温泉
    AQUA IGNIZ ですっきりして、
    トンカツを貪り喰ってから帰阪

    下山道脇の美人
    _028.jpg


    大滝以降写真がほぼないってところに
    余程暇だったんだろうと言う事が伺えます。
    良い経験させてもらった反面、待ち疲れ沢にしてしまって反省でした。
    ちなみに二人が行った巻き道の方も泥崩れで結構悪かったらしい。
    って事は楽しんだよね?

    また懲りずに遊んで欲しいと願うのです。
    次はちゃんと水多いとこ選ぶから。笑


    のまち。
    K兄、のぶりん

    コメント

    のまっち、力作ブログありがとう!
    待ってるの寒かったけど、うーさん&のまっちの勇姿が見られてよかった💓
    あと、なぜか朝にも江坂でしばらく待ったような…
    そ、、、それは気のせいなり。。。
    江坂は気のせいちゃうよなぁ。(笑)

    次は泳ぎに行こうね。
    のまっちさん
    カッコええよ。
    メッチャ男前やー。
    >K兄
    公開処刑、、、?

    >キヨっさん
    優しいお言葉、、、泣
    フォローありがとう、笑

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード