12/31-1/2 赤岳

    赤岳に登りました。


    メンバー
    k澤夫妻、gさん、kazさん、mちさん、よう

    k澤さんのお誘いに、参加しました。


    30日晩 大阪発、諏訪湖SAで仮眠
    31日 美濃戸口〜北沢〜赤岳山荘
    テントを張設営、
    滑落停止訓練しに行者小屋方面へ
    テントで晩御飯、就寝


    テント場とアイスキャンディ、赤岳山荘

    山荘ではビンゴ大会などやってました。

    小屋の周り↓


    1日 あけましておめでとうと挨拶を交わし、赤岳に登る準備を開始

    天気は良くないという予報でしたが、夜中から雪が降り続いて、ときおり少し強い風が。

    行者小屋から先はけっこう風が強かった。

    1日のコースタイム

    6:50 赤岳鉱泉発
    7:30 行者小屋
    8:45 2600m金澤さん、後藤さんと別れる
    9:15 阿弥陀岳分岐
    10:00 赤岳
    10:30 阿弥陀岳分岐
    11:20 行者小屋
    11:45 赤岳鉱泉


    赤岳山頂の少し下↓


    風が強かったけれど、地形のおかげで?案外ましでした。

    でも顔に当たる雪が痛い。

    登れるとこまで行こうといいつつ、ゆるゆる登って山頂到着!




    写真だけ撮って即下山開始。

    昼にはおりてきたので、夜まで小屋にてながーい晩酌

    やることなくなって絵を書いたり



    夜はおせちを食べて就寝。

    2日 テント撤収、下山。
    最後まで山の中で赤岳の姿は見えませんでした。

    下山後見えた八ヶ岳↓


    茅野駅の近くから見えた八ヶ岳↓


    翌日(3日)はど快晴でした。


    貴重な経験ができてよかったです。

    誘って下さったk澤さんに感謝です。


    写真 mちさん よう
    文 よう



    コメント

    キヨシです。
    ドラえもん.オバQ.ねずみ男.
    ピカチュウ.キリン.…
    ネコみたいな何か?
    絵…上手ですね。




    猫みたいな何かは、kaz画伯によるぴかちゅです(笑)
    画伯はお題によって腕前が相当変わるみたいです。。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード