2013/10/20 ダイトレ

    ダイトレに参加してきました。

    131020_0755~01

    ★メンバー:おっきい、キヨシ、あづみーる

    ★天候:雨(ゴール後くもり)
    10/19(土)小雨模様
    20時に集合。

    受付担当:N崎さん、K兄、りーさん、ずきチャン
    参加者:あづみーる、キヨシ
    合計6人でK兄号で移動。

    途中、買い出しして食料調達。
    普通の民家で前泊させてもらえるということで、同じく受付担当のために先に来られていた
    淀屋橋労山さんとハイジさんに挨拶し、台所を借りて鍋作り。
    りーさん、ずきチャンの差し入れもあって、豪華な宴会。何だかんだ話しているうちに遅くなり、2時就寝。


    10/20(日)雨
    6:20頃 受付到着
    期待と不安で雨の中、ワクワクしながら会話も弾み受付を済ませた所に当日参加のおっきぃ登場。
    挨拶を終えSTART‼
    おっきぃはペースが速く、スタスタ快調に歩き出し後ろ姿すら見えなくなる。
    山行担当者2人は、この後、待ち受ける厳しさを知らないままマッタリ歩く。
    20キロ通過まで5時間と考え休憩しながらの登山道。3時間過ぎ雨、風により気温が低くなり休憩すら厳しい。
    寒い‼
    休憩3分が限界。
    あと5キロからの階段。
    とにかく長い上がりの階段…心が折れます。いっぱい抜かされますが、雨に濡れた森林道が深々とし綺麗でした。
    で…景色見ながら、豚汁!豚汁!と唱え必死。

    20キロCP通過がほぼ12時。
    パンと熱々の豚汁。組合せは関係なく美味しかった。
    数分遅れであづみ〜る到着。
    2人で休憩していると、おっきぃ登場!
    1時間前に20キロCPに到着し自分達を待って居てくれてた。嬉しかったです。
    おっきぃは20キロCPから下山とのこと。
    自分達は30キロへ進むことにしたが、ここでのマッタリが時間ロス?後に反省。

    とにかく30キロCPに向けてSTART。
    雨…止む気配無し。
    歩き出してすぐにダウンを着る。体温が下がる前に着る判断は結果的に良かった。
    雨により階段組みされている下土が流され二段越えの階段状態。
    階段を避け、足元悪い階段横道を選ぶが、バランス維持のためストレスあり難儀する。
    30キロの難関、水越峠は足元悪い階段の下りが続く。
    踏ん張りが効かなくなり危ない。
    「膝…大丈夫かな?」

    なんとか水越峠を下りきるが…ここで、コースを見落とす痛恨のミス(涙)
    15分くらいのタイムロス。30キロの制限時間が迫ってくる。
    担当が2人とも制限時間を過ぎてゴールするのは、マズイと考え、ひたすらペースUP。
    階段の上がり…苦しい。ぬかるみ歩き辛い。

    それでもどうにか制限時間内の15時13分30キロCPのちはや園地に到着。
    30分遅れであづみ〜る到着。ゴール手前のところで、迷って遅くなったらしい。

    いつもの例会山行とは違う感じだったし、雨が降り続いて悪条件だったけど、そんな中歩き通せたことは良い思い出になりました。

    お勧めの山行ですので、他のメンバーも来年一緒にチャレンジしてほしいです。

    文:キヨシ
    写真:あづみーる

    コメント

    いつの間にかのアップ,有難うございます。

    確かに悪条件でしたけれど,これはこれでいい経験になると思います。
    山行は,ときにこのようなコンディションになってしまうことがあります。
    僕の好きな大峯では,なかなか避けることができないので,これも山行の一部と割り切っていますが。。

    山行担当のお二人さん,お疲れ様でした

    私事ですが、今月六甲山縦走にも行きますので、タイミング的にちょうどいい練習になりました~

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード