2/26 三国山~赤坂山~寒風 スキー縦走

    会長と2人で三国~赤坂~寒風と最高のお天気の中縦走してきました。

    IMG_20130226_105144.jpg

    ★日時:2013/2/26(火)※前泊
    ★メンバー:Kaz・k兄
    ★天気:

    日曜日に「明日三国山へ行きませんか?」とMLに流れた。
    ん?月曜? ん?ん?  行きたいけど…。明日?

    確認すると、雪質なら明日、天気なら明後日との返事。
    天気の事もあるが、いきなり明日というより1日余裕が欲しく火曜日を希望。

    月曜日の晩、21時に大阪発、Kaz邸経由で前泊地の「道の駅マキノ追坂峠」に
    23:30頃到着。東屋にテント張って軽く飲んで就寝。

    翌朝5時起床で朝食撤収後、黒河林道入口へ移動。
    林道は完全に雪で埋まっており、入口のちょっとしたスペースに駐車。
    詰めても2台分くらいかな。

    準備後6:30過ぎに出発。頭からシールで快適に。黒河峠までは林道を歩く。
    IMG_20130226_065331.jpg
    もうお天気抜群でテンション

    林道終点のトイレ。
    130226_0758~01
    雪に埋もれそうだが、入口の庇のおかげで入れそう。(ただし未確認)

    ここからの登山道はしばらくトラバース気味に進んで最後に急登になるようだ。
    尾根の方が良さげなのでなんとか這い上がる。
    林道をもう少し進んでから尾根に乗った方が楽だったかもしれない。

    尾根を上の方に上がると琵琶湖の絶景が見えてくる。
    IMG_20130226_085010.jpg

    頂上手前に谷があるので大きく右に迂回が必要ではあるが、
    ほどなく三国山山頂。
    IMG_20130226_092136.jpg
    IMG_20130226_092133.jpg
    900mもない山とは思えない景色。
    山頂にはソロテンサイズの幕営跡があった。

    さてここで一旦シール外して滑走の準備に入るが…。
    ここから赤坂山まで非常に地形がややこしい。
    Kazが慎重に登り返しの少ないルートを選んでくれるが、
    一瞬の気持ち良い斜面が終わるとひたすら藪漕ぎ状態。
    IMG_20130226_101530.jpg
    抜け切ったところで振り返るとこんな感じ。隙間なんてありゃしない。

    一度頭から雪に突っ込んで立ち上がるだけで凄い体力を消耗し、
    その後のこの藪漕ぎで死にそうになる。(あ、あくまで俺だけね。)

    赤坂山直下でやっと快適な登りになり、シールをつけてホッとする。
    IMG_20130226_104326.jpg
    快適な登りはすぐに終わり、赤坂山山頂。
    130226_1053~01
    まったく風もなく超快適。頭の先にあるのが三国山。

    再びシールを外して滑走準備。でもここの下りは粟柄越までの超一瞬。
    130226_1054~01
    凄っい気持ちいいけど…またすぐシール装着。
    130226_1118~02
    時間にして約20秒なり。(笑)

    ここからの縦走路。悪天候時に良く尾根を間違う記録があった。
    粟柄越の先、右の尾根、右の尾根と意識してたら手前の違う尾根に
    行きそうになる。

    でもここからの縦走路が超気持ちいい
    130226_1139~01
    奥のピークは841mやけど、とてもそんな低山とは思えない。

    でもこのP841からの下り。
    シールをつけたまま滑ったが、藪の中をシールで下る。これは
    まだまだ出来そうにない。まったくスキーが意図する方向へ向かない。
    130226_1159~01
    再び一人でボロボロになる。(笑)

    登り返し覚悟でP841の南西の尾根を下ると気持ちよさそう。
    130226_1204~01
    この尾根。(でも事前に藪があるかどうか不明だったのでパス。)

    寒風の手前に最後の急登があり、12:40頃寒風着。
    IMG_20130226_125939.jpg
    ワリと長い距離でした。
    130226_1257~01
    振り返るとほら…。   中央の山が三国山。

    少しゆっくり休憩して。滑走開始。
    最初はホントに気持ち良かった。最初は…。

    とにかく藪が…。
    ホントに藪が…。
    雪は重いし…。

    力量的に無理。(あ、あくまで俺だけね。)

    この辺まったく写真もありません。

    途中いったん登り返すピークがある。
    下山中の小ピークへの登り返し。良くある話。
    でもスキーでは登れないのでトラバースで巻こうとするが、なんせ藪。
    藪の急傾斜のトラバースをスキーでなんて…。無理。

    途中木の枝に板が引っかかった状態で転んで身動きができなくなり
    仕方なく板を外す。
    つけ直せるような足場じゃないので仕方なく担ぐ。
    腰まで埋まる。
    担いだ板は枝に引っかかる。

    三度ボロボロになってラッセル。
    迎えに来てくれたKazが笑いながら写真を撮る。
    これはお見せできない。(笑)

    ようやくピークを巻き終えても、狭い登山道で重い雪では技術的に
    いかんともしがたい。
    スノーシューのトレースも出てきたのでツボ足に変えてみたりしたが
    やはり埋まりまくって進まない。
    もう滑ってるのか落ちて行ってるのかわからない状態で進む。
    (あ、あくまで俺だけね。)

    藪抜けてスキー場見えた時はもう涙々。(笑)
    IMG_20130226_143347.jpg
    最後だけは気持ち良く滑って「さらさ」着。

    タクシー呼んで黒河林道のデポ地点まで戻りました。

    今回はさらさではなく白谷温泉にした。ちょっと小さいお風呂でした。

    今回は本当に力量不足でご迷惑おかけしました。
    でも満足度は最高でした。

    ★行程
    6:35 黒河林道入口
    8:00 黒河峠
    9:15 三国山
    10:50 赤坂山
    12:40 寒風
    14:40 マキノ高原

    ★GPS軌跡
    三国
    ※赤:シール/青:スキー

    ★Photo:Kaz/K兄

    ★報告:K兄

    P.S.
    会創設5年目にして、初めての会長と2人山行だったらしい。(^^;

    コメント

    お疲れさまでした。

    だいぶ楽しかったようですね!
    想像できるんで笑えます。

    でも、もまれて上達したんではないですか?
    次回が楽しみです。
    疲れました。

    情景が浮かぶやろ?(笑)
    蝶よりずっと辛かった。

    なので取立は歩き決定。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード