7/22 比良 八雲ヶ原

    むりやり?仕事に結びつけ、比良に行ってきました
    「比良レスキュー」の松下さんにガイドして頂きました

    青ガレを登るのは久しぶり…学生以来か?
    青ガレ

    コース:イン谷口〜(青ガレ)〜金糞峠〜八雲ヶ原〜北比良峠〜(ダケ道)〜イン谷口
    メンバー:のぶ+松下さん(日本山岳連盟 京都・滋賀支部副支部長)
    天気:曇りのち晴れ

    レスキュー比良

    「レスキュー比良」の小屋
    遭難防止のため、ここで毎週末
    登山客に声がけしてるそうです

    トレイルランニング、地図もってなさそうな人、いろいろ通っていきます

    登山客もまばらになったころ、
    松下さんが八雲まで案内してくれるとのうれしいお言葉

    「ここで遭難が…」とか
    「ここに遺体が…」とか経験談とともに、いろいろ教えてくれました


    仙人の家
    仙人の家 散歩中なのか留守でした

    金糞峠に夏の間暮らす仙人や
    毎週末八雲で泊まってゴミを降ろしている女性など
    面白そうな人たちがいるらしいのですが
    残念ながら2人とも会えませんでした


    でも、ダケ道で道を整備してくれてる人に会いました
    話はしてくれましたが、顔と名前はNGだそうです

    道の整備

    水の流れ方を計算して石など並べてます
    松下さんいわく「プロの土木関係の人ちゃうかな」
    でも、完全にボランティアで、何回も通って直してるそうです
    「山登る人間として見てられなくて…」とのこと
    笑顔のすてきなおじさんでした

    その方が工事道具を運んできた背負子
    しぶいな〜
    しょいこ

    整備後の道
    整備後

    整備後2

    このおじさんを取材したい!と思いましたが
    カメラ無理だろうな〜

    松下さん
    松下さんがいろいろ解説してくれて楽しい山行でした
    67歳とは思えない、ダンディーな方でした
    ありがとうございました

    実際にカメラ取材できるかどうかはまだわかりません
    滋賀県警に捜索の同行取材を申し込んだら
    「秋ならいいよ」みたいな返事だったので…
    とりあえず、秋まで保留です

    比良って志のある民間の人に支えられてるんだな〜としみじみ感じました

    次の日の朝、松下さんから電話があって
    「きのう、八淵の滝の方で一人遭難した」とのこと
    結局、20代の男性が一般ルートでの滑落で亡くなられていました

    松下さんは「ガリバー旅行村」でも声がけしないとあかんと思ってるとのことでした



    コメント

    昨年例会で行きましたが、八淵の滝の辺りの登山道はきちんと整備されていない箇所が多かったのを覚えています。

    ところで、思い出しました!
    六甲山でもボランティアで道直ししてらっしゃる方がいます。
    ふだんは確かお好み焼きやさん・・
    場所は分かるけど、店の名前を思い出せない・・
    興味深い山行ですね。

    清掃の方はあきほさんですね。ブログあります。
    http://ameblo.jp/akiho-hira/
    八淵の事故も書かれてますね。
    ↑ すんごい人がいてはるものですね~。

    吹田から毎週のように比良に清掃登山とは・・・。


    新聞取材も受けはった事やし、のぶりん、Go!?
    明穂さんのブログ、熱いですよね〜
    こんど比良に行くことがあったら会ってみたいです
    しかられないようにしないと…

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード