5/13 例会山行 廃村八丁

    新緑の季節、気持ちのいいお天気の中、読図しながら歩いてきました。


    ☆メンバー

    りー、みほちん、よう、おかちゃん、キム兄、よっち、checo

    ☆コースタイム

    10:03 登山口
    10:32 ダンノウ峠
    11:14 刑部谷分岐
    12:36 四郎五郎谷出合
    12:47 廃村八丁
    大休止
    13:47 スモモ谷
    14:27 品谷峠
    14:56 品谷山
    15:21 P866
    16:08 ダンノウ峠
    16:30 登山口


    廃村八丁は、芦生の森の南部に位置する奥深い場所
    当初はバスで計画を立ててましたが本数も少なく不便なため、キム兄が車を出してくれることになりました。
    ありがとう、キム兄。

    菅原バス停を少し入ったところに車を停めて出発。
    今回は初心に返り、読図を見直しましょう・・ということで、
    久々に先頭を交代しながら歩きます。

    ホトケ谷からダンノ峠へは尾根道を選びます。
    ダンノ峠からはしばらく気持ちのいい道が続きます。
    DSC_0301.jpg
    芦生の森に雰囲気が似ています。妖精が住んでそう。。
    DSC_0306.jpg
    こんなおおきな木に、おおきなさるのこしかけ^^
    R0014120 (800x600)


    そして、今回最も難しかったポイント
    四郎五郎峠へ向かう道から刑部滝の方を通る道への分岐があるはずがなかなか見つからない。
    この道は地形図上にはなく、山と高原地図を頼りに探すもいっこうに見つからない・・・

    このあたりは石楠花がたくさん咲いていて、DSC_0310.jpgキレイ~とか言ってる場合じゃないんだけど、
    写真なんか撮ったりとかしているうちにキム兄が尾根上の道を発見。
    結局きちんとした道は見つけられず、無理やり石楠花の間を抜けて尾根上の道まで到着。
    DSC_0371 (400x300)
    両脇に石楠花がぎっしり咲いていてとても綺麗でした。
    時期もぴったりでちょうど見頃。
    DSC_0375 (480x640) (300x400)R0014128 (400x300)
    少し行くと、すぐに急な下りがあり、
    R0014129 (400x300)DSC_0313.jpg
                                     なんか書いてあります! クリック↑

    降り切ったところで刑部滝が見えてきました。
    DSC_0315.jpg
    しばらく沢沿いに行くとさきほどの四郎五郎との出合があり、
    さらに行くとスモモ谷との合流地点に到着、ここでお昼にしました。
    R0014152 (400x300)

    お昼休憩に廃村八丁の廃屋を散策
    R0014153 (400x300)R0014154 (400x300)R0014157 (400x300)
    残念ながらこの日は住人(?)の方はお留守でした。
    DSC_0320.jpg
    しっかりとしたW.Cやお風呂も(私は見つけられなかったけど)
    R0014163 (300x225)R0014161 (300x225)
    他にも石垣などもたくさん残っていて、以前にはここは確かに村だったんだなぁ。。

    ここで集合写真を・・
    R0014170 (400x300)

    ・・・



    う~ん、なんだかつまんなそうなのでやり直し!

    R0014171 (400x300)
    OK!!では、出発。
    帰りはスモモ谷から品谷山のルートで
    R0014172 (400x300)

    R0014177 (300x225)
    ここで、地形図上では分岐で右の谷沿いに道が出ていますが、踏み跡は左についていました。
    私たちは左へ進みましたが、山と高原地図でもこちらになっているのでこちらが正しいルートのようです。
    無事に品谷峠にたどりつき、品谷山山頂へ。
    尾根道をP866を抜けて、再びダンノ峠へ降りる分岐まで到着。
    ここからの下りは割としっかりと道がついていたのですが、
    一箇所最後大きく右にそれるところが分かりずらかったです。
    丁寧に読図していなかったら、間違えて進んでいたかも(多分スキー場まで行っていた)しれないので、
    やはり読図は大事だなと改めて感じました。

    log_1205013_hacchou (800x418)


    今回はしっかり読図に時間をとりながら進んだのでとても勉強になりました。
    計画もそれを踏まえてコースタイムよりも多めに時間をとっていたので、
    結果的には計画書よりもかなり早めに下山することが出来ました。
    普段からしっかり読図も出来るよう計画は余裕を持って組みたいですね。

    山あり谷あり沢あり花ありと、コース的にも起伏に富んでいて歩いていても楽しかったです。

    photo by よっち、よう
    GPS by よっち
    writen by checo

    コメント

    確かに一枚目はつまらなさそう(笑)
    そういやなんかキメポーズなかったっけな?
    廃村八丁行ってみたかったなあ。あの三角家屋(?)覗きたかった。。。
    廃村八丁、のまち好きそうなとこやからぜひ来てほしかってんけどね。。
    なかなか予定が合わんよね、このごろ(寂);

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード