7/17-7/19 例会山行 剣山~三嶺縦走

    7/17-7/19 例会山行 剣山~三嶺縦走

    例会山行で縦走してきました。

    メンバー:りー、けい、じろう、とっしー、しず、のまっち、こっこ

    ★一日目★

     7:40 大阪発
    13:20 見ノ越
    14:15 西島
    14:30 刀掛の松
    16:05 一の森
    治朗号に乗り込み出発。お天気は
    大阪はめちゃくちゃ暑い。
    広い~。サンルーフや~。治朗号の装備に感歎の声を上げる女子達。
    車は淡路島を縦断し、四国へと進みます。

    43747160.jpg  43747293.jpg
    いくつかの滝や、吉野川の美しさに目を奪われながら、
    見ノ越の駐車場へ到着。

    西島までの330mはリフトで上がります。

    43747360.jpg     43747456.jpg

    リフトを降りると標高1750メートル。涼し~い。
    いよいよ今日のお宿へと歩きだします。

    43747656.jpg   43747631.jpg   43747706.jpg

                             鎖場の入口と出口。鍾乳洞みたい。
                                   覗いてみたけど暗くて何も見えない。

    キレンゲショウマは残念ながら少し早かったようです・・・

    43747601_thumbnail.jpg  43747680_thumbnail.jpg  43747890_thumbnail.jpg  43747920_thumbnail.jpg

    一の森到着~。本日はここまで。

    43747925.jpg


    43747989.jpg

    ヒュッテの前に咲いていたナンゴククガイソウ
    ヒュッテのおじさんとっても親切でしたね。

    本日のメニューはこちら。山の上で食べるとほんとにおいしいね。

    43749099.jpg 

    マーボー春雨とサラダ、道中にゲットした蒲鉾の炒めたの、
    そしてりーさんの行動食のトマトがK兄特製イタリアンに。贅沢~。

    しかし本当の贅沢は食後の後に待っていました。
    一の森の頂上に上がるとなんと鯉のぼりが泳いでる~。

    43749299.jpg   43749279.jpg

    teruruパワーが炸裂!!めったに見る事のできないブロッケン現象が!!
    山に沈んでいく夕日。

    43749334_thumbnail.jpg     43749387_thumbnail.jpg     43749451_thumbnail.jpg     43749896_thumbnail.jpg

    その空の色は何層にも重なり、とても綺麗で言葉が出てこない。
    美しいの一言でした。
    夕日が沈み真っ暗になった空を見上げると、そこは天然のプラネタリウム。
    満天の星が輝いていました。
    美しい朝日をも期待して皆眠りについたのでした。

    43749641_thumbnail.jpg  一日目おわり。  続きはまた来週~。 


    ★二日目★

    7:00 一の森出発
    8:20 剣山山頂(30分休憩)
    10:00 丸石
    10:50 丸石避難小屋
    11:55 高ノ瀬(25分休憩)
    13:20 1732mピーク 
    14:00 1700mピーク
    14:30 白髪避難小屋

    夜中から吹いていた強風に霧雨も混じり、朝日は拝めなかった・・・
    昨日のうちにteruruパワーを使い過ぎたみたいです。
    強風の中、剣山へ出発です。

    43752386.jpg   43752668.jpg

    登頂するもあまりの風にヒュッテへと避難し30分休憩。
    宮尾登美子著「天涯の花」に出てくる○○さんがヒュッテのご主人と聞き盛り上がる。
    握手に記念撮影までしてもらったのでした。
    (天涯の花、借りてきたよ。これから読まなくちゃ)

    雨も風もやまないし、次郎笈は巻き道を行きます。
    丸石までは笹原の尾根歩き。

    43755012.jpg

    だんだん雨や風も弱まり、時おり霧の晴間から見える景色に歓声を上げながら
    丸石に到着しました。

    43756132.jpg

    途中に発見した骨 鹿?にしてもリアルだ~

    43756096.jpg

    このあたりからは樹林帯。
    高ノ瀬までは気持ち良く歩けました。

    43750812.jpg

    高ノ瀬で食事タイム。またもや時雨出す。
    1732m、1700mのピークを超え白髪避難小屋に着いた頃には皆
    ぐっしょりと雨に濡れヘトヘトでした。

    しかし大変だったのはこれからだったのです。
    水場まで7分、ぞろぞろと皆で向かうが
    ものすごい急斜面を下りたところにあったのは・・・
    急斜面を流れる谷筋。

    43751973.jpg  ここを水場と呼んでいいのか・・・

    K兄、水汲んでくれて、担いでくれてありがとう

    夕食は避難小屋にて。teruruの他に3組のおじさま達と一緒でした。
    高知弁がとっても良い感じです。
    そしてそして高知のおじさまから嬉しいプレゼントが。

    43752033.jpg

    ヒャッホー♪♪ ← 喜びすぎやろ

    ビール好きには嬉しい誤算でした。
    普段あまり飲まないkeiちゃんも思わず ”おいしい~!”

    こうして二日目の夜も更けていったのです。

    ごめんね。来週につづく~

    ★三日目★

    7:00 出発
    7:10 白髪山分岐
    8:00 韮生越
    9:30 三嶺頂上 
    10:10 三嶺小屋
    11:20 ダケモミの丘
    12:20 林道
    13:05 名頃

    強風の為一晩中テントがバタバタと音を立てていました。
    4:30頃に目が覚めてテントを出ると、
    ほんの少しの間だけど朝焼けを見る事ができました。43753823.jpg

    43753842.jpg

    小屋泊まりのおじさま達が見送ってくれる中三嶺へと出発です。
    白髪山分岐を越えやっと韮生越。
    ここからは激しくぬかるんだ道が続き、すべるすべる・・・

    時折霧の晴間や雲の間から目指す三嶺が姿を現します。
    次の目標のカヤハゲを見落としてしまったみたいで、
    いつのまにか最後の急登のくさり場の手前まできていました。

    43754369.jpg   43754377.jpg



    43755096.jpg  

    くさり場はしんどいけど足元のお花達が心を和ませてくれるし
    振り返ると、歩いてきた道がきれいに見渡せて感無量でした。

    43755172.jpg 着いた~

    43755341.jpg43755437.jpg

    43755691.jpg そして下山。途中川の水がとっても綺麗です。
    名頃からはバスで見ノ越へ。
    久しぶりに次郎号と再会しお昼を食べた後待ち焦がれた温泉へと向かったのでした。
    3日分の汗と汚れを落とした後は大阪へ帰ってしまうのね・・・のはずだった。でも最後に次郎号から素敵なプレゼント。
    それは淡路SAの観覧車からの夜景でした。
    明石海峡大橋の夜景を楽しみ、車中からは海や夕焼けも満喫し
    贅沢なとっても贅沢な3日間でした。


    43757061.jpg

    43757124.jpg

    43757196.jpg


    以上報告おわり。長い間おつきあいありがとう。

    文:こっこ
    写真:のまっち

    追記:写真が思うように貼れないし、最後は字が普通の大きさに戻らない・・・
       へたくそ日記でごめんなさい。
       と思ったら普通の字に戻ってた。いまいちよくわからない・・

    コメント

    こっこさんありがとう~
    しかし、ここで続くとは!期待を持たせるニュースタイルですね~
    そう、初日の贅沢な夕日と星空を見たとき、これ以上に、あとどんな素敵な景色が待っているのだろ~、と胸をときめかせてたのでした(いや、とても楽しかったのだけど)
    ほんとほんと。3日目、期待させるぜぃv-290
    長編ブログご苦労さま。ブロッケン現象はほんとラッキーやったね。感動しました。では3話を楽しみに待ちますi-278
    こっこ、超大作報告ありがとうございました
    3分割の焦らし報告作戦、楽しませてもらいました(笑)
    本当に超大作お疲れ様。
    ありがと~。

    文字の大きさを指定するタグがいっぱい並んでおかしくなってたみたい。
    直しときました。
    天涯の花読みました
    次はキレンゲショウマが咲いてる時に行きたくなりました。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード