6/7-8 立山

    やっと会えたね雷鳥in立山           title by M鈴


    またまたスキー計画に便乗させてもらい
    最後の雪山を満喫しに立山へ行ってきました

    ●参加者
      A先生、カズ、kim兄、akko、M鈴、siz、kei

    ●6/6
      22:30 森ノ宮集合
      22:40 森ノ宮出発
              SAは多賀、尼御前、小矢部川で休憩

    ●6/7
      03:45 立山駅着 仮眠
      05:40 行動開始 朝食・準備
      07:00 ケーブル立山駅発
      07:30 バス美女平発
      08:20 室堂ターミナル着 雪山準備
      08:37 室堂ターミナル発
      09:45 雷鳥沢野営場着 テント設営
      10:57 雄山へ出発
      11:50 休憩
      13:10 一ノ越 休憩
      13:32 一ノ越発
      14:45 雄山山頂
      15:00 下山開始
      17:05 雷鳥沢野営場着 夕食・宴会
      23:00 就寝

    ●6/8
      04:40 起床 洗顔・朝食
      06:10 撤収開始
      06:55 空身で出発
      07:13 真砂岳直登ルートにて登下降訓練
      08:10 訓練終了
      08:30 雷鳥沢野営場 最終撤収
      08:55 雷鳥沢野営場出発
      09:45 ミクリガ池温泉にてアイス休憩
      10:47 室堂ターミナル
      11:20 バス室堂発
      12:20 ケーブル美女平初
      12:27 立山駅着
      12:55 立山駅発
      13:25 グリーンパーク吉峰 入浴
      14:25 グリーンパーク吉峰発
              SAは小矢部川(昼食)、賤ヶ岳で休憩
      19:15 大阪駅 解散



    ●6/6(金)
    pm22:30 森ノ宮集合
    現れたレンタカーの大きさにビックリ
    ゆったり広々、贅沢な旅の始まりです

    ●6/7(土)
    am3:45、ケーブル立山駅前駐車場着
    しばらく仮眠time
    だけど、辺りが明るくなると我慢しきれず車の外へ出て大きく深呼吸
    ん~~ やっぱり空気がおいしい
    上で待ってる素晴らしいだろう景色を想像して
    ワクワクしながら準備を整え、ケーブルカーで美女平へ
    美女平からはバスに乗り換え室堂まで約50分の道のり

    立山 49 08.06.07-08
                                                  photo by akko
    最初は新緑の景色だったのが、徐々に雪山に変わっていきます


    立山 1 08.06.07-08
                                     photo by akko
    雪の大谷はまだ、10mほど、雪の壁が残っていました


    そしていよいよ室堂到着

    立山


    立山 k 28 08.06.07-08

    まだまだたくさんの雪をかぶった雄大な山の景色が目の前に広がります
    数時間前までは初夏の大阪にいたのに不思議なかんじ


    景色に見とれながら雷鳥沢野営場へ向かっていると突然、雷鳥に出会いました

    立山 a 7 08.06.07-08
                                                  photo by akko
    たくさんの人に囲まれているのに逃げません


    途中から、スキー組と歩き組、別ルートでテント場を目指します

    立山 ki 12 08.06.07-08
                                               photo by kim兄
    歩き組です


    立山 ki 13 08.06.07-08
                                                  photo by kim兄
    テント設営完了


    立山 a 14 08.06.07-08
                                                 photo by akko
    テント設営後、雄山を目指します
    直登ルートを行こうかとも思いましたが、ちょっと厳しそうなので一ノ越経由ルートになりました
    歩き始めた時から一ノ越山荘が見えていたので、楽チンそうと軽~く考えていたら甘かった
    歩いても歩いても小屋は近づいてきません

    立山 a 18 08.06.07-08
                                  photo by akko
    長い長いトラバース、息があがります
    出発から約2時間後、ようやく一ノ越到着
    見えてたのに遠かった~

    立山 ki 15 08.06.07-08
                                                  photo by kim兄
    槍が見えました
    ここではオコジョも見れたそうな


    休憩後、雄山山頂へ向かいますが、そのルートを見上げてちょっとボーゼン
    苦手な岩だらけ、ガレガレルートです、しかも急登
    そして、歩き始めて気づいた、浮石だらけ。。。

    立山 a 22 08.06.07-08
                                  photo by akko
    気合いを入れて慎重に足を置いていきます


    立山 ki 17 08.06.07-08
                                                  photo by kim兄
    振り返っても急登で下へ続く道が見えない

    立山 a 28 08.06.07-08
                                   photo by akko
    ちょっと休憩、頂上小屋が見えてるけど、またまた、なかなか着かない

    立山 a 31 08.06.07-08
                                                 photo by akko
    一ノ越出発から約1時間20分後、雄山山頂到着
    と同時に風が強くなりものすごく寒い
    記念撮影をすませるとさっさと下山開始です
    この時気温0℃
    残念ながらガスで頂上からの景色はあまり見えませんでした
    天気がいい時は富士山まで見えるそう


    スキー組は山頂の小屋下から滑降開始

    立山 ki 27 08.06.07-08
                                                  photo by kim兄
    立山 ki 30-2 08.06.07-08
                                                  photo by kim兄
    歩き組は少し来たルートを下ります
    するとすぐに風がおさまり寒さもおさまりました
    山の天候の急変を身をもって体験、怖いですね
    結局、スキー組と同じルートのほうが断然早いということで雪の上を降りることになりました

    立山 ki 30 08.06.07-08
                                                  photo by kim兄
    でも傾斜がきつい、およそ35度
    足がすくみ、腰がひけます
    焼山でのことを思いだしながら1歩1歩慎重に
    慣れてくると、サクサク降りれて楽しい

    17:00ようやくテント場到着
    あとは楽しい楽しい夕食です
    今回はkim兄がメニュー決めから食材準備まで全部一人でしてくれました
    品数なんと12品
    ということで『居酒屋J郎』のオープンで~す
    (と、同時にプチ波乱の幕開けでもあったのでした(T_T))

    本日のメニュー
    ●白菜、豚肉の蒸し煮
    ●チヂミ
    ●赤ウインナーの辛子マヨネーズ添え
    ●塩焼きそば
    ●アスパラの豚バラ巻き
    ●鶏肉のハーブ焼き
    ●揚げない唐揚げ
    ●キュウリの浅漬け
    ●豚と木耳の卵とじ
    ●モヤシ炒め豚・ニラ入り
    ●ハムステーキ
    ●ごぼうサラダ

    食べるのに夢中でメニューの写真が1枚もありません
    どれもこれもおいしくて~ お腹いっぱい食べました
    山の上で12品、しかも低予算、すばらしい主夫です
    プチ波乱の模様が気になる方は『居酒屋J郎』の店主までどうぞ


    ●6/8(日)
    最終日、計画書の予定では帰るだけでしたが
    まだまだ雪山を堪能したい私達の希望で
    真砂岳直登ルートを使って登降訓練をすることになりました
    1時間ほどで終了してテント場を出発
    『近道』という甘い言葉につられてついて行ったら、
    そこは行き、スキー組が滑り降りたルート、なのでなかなかの傾斜
    早速、朝の訓練が試されます
    登るにつれて雪が固く、爪先がささりにくい、しかも背中には重い荷物が。。。
    体がふられます

    立山 a 40 08.06.07-08
                                                  photo by akko
    やっと登りきってふかふかの雪の上に立ち一安心
    あとは室堂ターミナルまでのんびり観光モード

    立山 k 36 08.06.07-08

    地獄谷


    立山 k 66 08.06.07-08

    ミクリガ池


    立山 a 41 08.06.07-08
                                                  photo by akko
    途中ミクリガ池温泉でブルーベリーソフトを食べました、おいしかった~


    ターミナルに近づき名残惜しく雄山を見ると、斜面にきのう、私達が降りたトレースが残っていました

    立山 k 73 08.06.07-08

    これで、半年後まで雪山はおあずけです、長いなぁ


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    またまたスキー計画に便乗、ありがとうございました
    重い共同装備ありがとうございました
    一人ですべての食材準備&レンタカーの手配ありがとうございました
    長時間の運転ありがとうございました
    みんな楽しい2日間、ありがとうございました
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    title   by  M鈴
    record by kim兄
    photo  by kim兄
             akko
             kei
    writer by  kei



    コメント

    詳細な記録、ありがとうです!

    楽しかったですね。半年後が待ち望まれる。
    Keiちゃん、大作お疲れ様~。
    一度消してしまったのにね。(笑)

    プチ波乱。ごめんね~。
    ・コケてポン酢とお茶を倒す。
    ・ランタン落下事件
    ・フライパンひっくり返す。
    まだあったっけ…。(汗
    全部Keiちゃんばかりに迷惑かけました。
    せっかくやしちゃんと保険使おうね。
    修理代出たら教えて下さい。

    でも皆、半年後半年後っていうけど、
    厳冬期のアルプスは無理じゃない?
    keiちゃん、超大作ありがと♪
    充実した2日間だったよね。

    ほんと、やっとやっと念願の雷鳥さんに会えて、幸せ一杯でした!
    今度はヒナを見てみた~い。

    でも、たくさん見すぎて、
    帰りのみくりが池では、アイスの方に走ってしまってました(笑)
    siz

    詳細な記録はkim兄からいただきました
    半年後、楽しみだね~
    その前に夏山も楽しもうね!
    kim兄

    一度消してしまった時は
    真夜中、一人叫んでました(^_^;)

    プチ波乱も今となってはいい思い出
    ダウンは修理できるしね

    厳冬期。。。 考えてなかった
    でも早く雪の上に立ちた~い
    akko

    ヒナ見てみた~い♪
    あんなにたくさん雷鳥に会えるとは
    ちょっと拍子抜け(笑)

    こんどは温泉卵食べたいね
    keiちゃん、大作ありがとう。
    お疲れさまでしたね。
    読んでいて山行がまざまざと思い出され、とてもよかったです。
    やっぱりこういうふうに記録を残すのっていいですね。
    keiちゃん、超大作お疲れさまでした。
    いつも山に対してひたむきなkeiちゃんの姿勢が文章から伝わってくるよ~。
    >カズ

    はい、みんなの山行記録読むの楽しいです
    >mi

    タイトル案使わせてもらったよ~
    ありがとね

    へっ!
    miってmimizuさん?

    miki_chanやと思ってた。(汗
    お疲れ様でした
    楽しい報告記,拝見しました(^.^)
    まだまだ雪が残っていますね。
    立山では楽しい?ハプニングの連続だったのですね。
    雷鳥が沢山見られてよかったですね。
    >OK

    今となっては楽しい?ハプニングの連続でした(^-^)

    雪景色もいいけど、緑の景色もすごくよさそうです

    >kim兄

    同じく、私も今までmiki_chanかと。。。
    でも上のコメントの内容からしてmimizuかなぁと
    違うかな?(汗

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード