6/14-15 百丈河原蛍鑑賞&赤子谷

    セミナーの読図山行の前泊で行った百丈河原の蛍鑑賞。
    今年も行ってきました。
    翌日は赤子谷から六甲縦走路にあがり、ナガモッコク尾根を
    蓬莱峡まで下りました。

    今年もたくさんの蛍を見ることができました。

    ★参加者
    Kei、siz、checo、Kim兄、KJr.

    A先生、T会長(前泊のみ)

    A先生の生徒たち(BBQのみ)

    ★天候
    晴れ(14日)&曇り(15日)

    ★行程
    6/14
      15:30 大阪駅集合
      15:40 KOHYO(南森町)にて買出し
      16:30 出発
      17:15 道場駅(checo&T会長合流)
      17:45 百丈河原着 テント設営 BBQ準備
      19:00 A先生&生徒合流 BBQ
      21:30 生徒たち出発
      24:00 就寝
    6/15
      05:30 起床 洗顔・朝食・撤収
      08:00 百丈河原発
      08:30 道場駅(A先生&T会長はセミナーへ)
      09:00 千都橋 出発準備
      09:25 出発
      09:38 登山口
      09:52 赤子谷二股(左股へ)
      10:09 赤子滝
      10:25 ゴルジュ
      11:32 鉄塔(縦走路) 休憩20分
      12:21 岩原山山頂(宝塚最高峰)
      12:25 ナガモッコク尾根を下山開始
      13:32 蓬莱峡着 昼食
      14:00 蓬莱峡発
      14:30 千都橋着
      15:00 宝塚駅(checo解散)
      15:30 大阪駅 解散


    元は一度企画したものの、仕事が入り断念。
    3日前になって仕事が飛んだため急遽復活。
    もう集まらないかなと思いつつ、子供も行きたがっていたので決行した。

    それでも参加者が増えてくれたので、おかげさまで
    楽しいBBQ&山行になりました。

    時間どおりの参加者はKeiちゃんとsizさんだけだったので、
    集合を遅らせ15:30に。
    集合後KOHYOへ買出しに。でも牛肉はやはり高い!
    足りるかな?足らないかな?と試行錯誤したが
    かなり予算オーバー。(T_T)
    時間的にもかなりオーバーして16:30出発。

    道場駅ではchecoをかなり待たせてしまいましたが、
    もうT会長もつくだろうとそのまま待機。
    道場駅には中級前泊組やカランクルンなど労山の人が
    いっぱいでした。(^^;

    百丈河原についてテントを建て、BBQの準備を。

    百丈

    19:00過ぎにA先生と生徒が到着し宴会開始。
    暗くなり始めたころ対岸に数匹の蛍を確認。
    でも次に気がついた時は鈴なりの蛍が!
    凄い数でした。
    なんとかカメラに収めようと、1眼レフを持ち込みましたが、
    どうしてもうまく取れませんでした。

    うちの子のくだらないクイズにお付き合いいただいたりしながら
    時間はあっという間に過ぎて行き、9:30に生徒さん達は帰ることに。
    A先生は駅まで往復1時間の旅に。

    A先生が帰ってこられてしばらく飲むともう12時。就寝です。



    翌朝ラーメンで朝食後は、時間があまりかなりまったりタイム。
    8:00に出発し道場駅へ。ここでA先生とT会長はお別れ。
    そのまま車で千都橋まで移動し出発準備。
    ここでセミナー一行が対岸を歩いて行きました。

    歩き始めてビーコンパーク(バッティングセンター)を過ぎると
    林道はフェンスで閉まっています。
    でも、ネットの事前情報では左下に別の入口がある筈。
    確かに入口があったけど、これは知らないと見つけられません。
    P6151606.jpg

    しばらくは林道ですが、二股の分岐ぐらいからは沢沿いを歩きます。
    途中ロープが垂らしてあるところが何箇所かあり、参加者の顔つきが
    だんだん変わっていきます。

    これが赤子滝。右側を直登できそうですが、苔が多くロープが要りそう。
    今回は考える間もなく巻き道を登ります。
    赤子谷2

    その後、六甲では珍しいと言われるゴルジュ。
    割と立派な廊下になってます。
    この辺で何人か足を濡らしてました。(^^;
    赤子谷3

    赤子谷4

    元々地形図にはないルートですが、しっかりとテープがあります。
    が最後の方で一ヶ所沢が分岐しており、どちらもテープが。(^^;
    方角を見ても微妙な感じ。結局どっちから行ってももう縦走路に
    出るでしょうと左を選択。

    沢が枯れてからはかなり暑くなるし、急登が続く。
    子供がウダウダ言いだした頃にやっと縦走路の鉄塔に出る。
    ここでしばらく休憩ののち、宝塚最高峰まで縦走路を。

    途中、1ヶ所だけ展望ポイントがありました。
    甲山が美しい!
    生駒の山並みもうっすらと見えてました。
    縦走路

    縦走路は本当に歩きやすく涼しいルートで、快適に岩原山まで。
    岩原山はまったく眺望がなく、食事休憩もやめて記念写真のみ。
    岩原山

    下りも地形図にないナガモッコク尾根を選択。
    踏み跡はしっかりしてますが、笹やウラジロで道が見えないような
    ところもありました。またかなり急な下りもあり、落葉でかなり滑ります。

    途中のピークでそのまま踏み跡を辿ると赤子谷右股へ戻るポイント
    がありました。これも事前情報がないと行ってしまったかも。(^^;

    そんなこんなで一気に蓬莱峡までおりて、食事休憩。
    当初はセミナーの講習に顔を出すつもりにしてましたが、そこから
    おそらく20分くらいはかかるかなって事で、そのまま車へ。

    息子とchecoの毛虫事件以外は、特に問題のない山行でした。(笑)

    皆さん、楽しい山行をありがとうございました。
    また息子を遊んでいただき感謝です。

    (報告:Kim兄)

    コメント

    BBQ、蛍、沢登、また高校生や小学生との交流、盛り沢山な山行でしたo(^-^)o
    可愛らしいけど男気あるk.jr。また会えるといいな。
    どんな豪華メニューだったのでしょうか、居酒屋K(笑)
    私も、螢よりもメニューが気になって…
    何食べたの~?(笑)
    沢も楽しそうだなー。
    あんなにたくさんの蛍を見たのは初めてで大満足!
    クリスマスツリーみたいだったね

    2日目のコースは予想外だったけど
    ちょっと沢気分も味わえて楽しかったよ

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード