11/20-23 バックカントリー立山

    11月20日(金)夜~11月23日(月)に立山へ初滑りに行ってきました。
    メンバー:りー、ほーりー、他6名

    21日 朝一番のケーブルとバスに乗って室堂へ移動→雷鳥平でテント設営後→雪上トレーニング
    22日 朝一番でハイクアップして滑走
    23日 撤収→帰阪

    の予定でした。

    立山 りー 21日土曜日の朝4時頃立山駅に到着。仮眠。
    5時に起床→6時過ぎには切符売り場に並びつつ用意を整え始めるのだが、
    7時過ぎにはもう ↓↓ 駅は大混雑。ほとんどスキー&スノーボード持ってる人。
    立山 駅の混雑

    連休やのに始発は8時で、しかも除雪が追いつかず8時に出るかどうか分らない。
    除雪が追いつかず、8時のケーブルはキャンセルして立山駅でバスが動くのを待つ事に。
    駅前でビーコン練習。

    立山 ビーコン

    バスは運休決定。
    今日どうするか?
    スケッチ組と温泉組に分かれることに。
    リーさんはスケッチ組。
    私は温泉組で宇奈月からトロッコ列車に乗って雨の中黒薙温泉へ。
    紅葉の残りも楽しめました。更に奥の温泉は冬期閉鎖。

    。 ↓撮影禁止ですが・・・誰も居ないのでこっそり。女子露天風呂
    立山 黒薙温泉   立山 露天風呂

    晩は宴会。他6名の大先輩方と一緒だったので、テント生活、食糧計画等など大変勉強になりました。

    22日は、幕営荷物を持たずに日帰り装備で室堂へ。
    それでもスノーボードを入れたら19キロ。はぁぁ。
    快晴とはいえないけれど、室堂に上がれるだけでも嬉しい。楽しい。

    立山 今からハイク

    我々が一番のバスで室堂に上がるころ、既に雷鳥沢も一の越も人で一杯。バックカントリーって流行ってるんだってびっくりです。
    滑走可能なバーンにトラックが沢山ついてるので、もう気持ちいいライディングは諦めた。

    立山 雄山へ登り

    一の越からむこうを覗けば、雲ノ平?槍ヶ岳?水晶岳??曇ってるけど大パノラマ満喫。
    寒い。
    立山 雲ノ平の方

    少しトラバースして途中から滑走。
    雪の吹き溜まりと岩にかすかに乗ってる雪の区別がつかず、深みにはまったり、岩でエッジをガリったり
    これ↓は、はまった??
    立山 転んだ

    板はボロボロ。

    翌朝、まったり起きて片付けて、ゆっくり帰阪。

    絵の先生の絵を見せていただきました。
    二日でこんなにも。凄いなぁ。仕上げはご自身のアトリエでされるそうです。
    立山 絵

    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード