9/20 荒地山

    またK澤さんのお声掛けで、白峰さんの岩トレに参加させていただいた。

    ★参加者
    kaz・Ri・K兄
    K澤さん・Y美さん他白峰の方2名/A先生とその子分

    ★お天気:快晴

    荒地山全景


    しばらく山に行ってないので、芦屋川から高座の滝まですら歩く自信がなく…。
    かなり不安たっぷりな状態での参加であった。(^^;

    と、K澤さんから神の声が…。
    「ゲート前までバスで行こか」

    かなり救われた。

    芦有道路のゲート前までバスに揺られ、芦屋カントリーの横から荒地山に向かいます。
    芦屋カントリー登山口

    約30分ほどの登りで山頂手前の分岐に到着。
    ここから少し下って最初の岩に。

    岩小屋のボルダー?
    岩小屋のボルダー
    この下のテラス状の岩場の下に洞窟のようなスペースがあり、それが岩小屋と呼ばれてるらしい。
    奥の岩がサンデーモーニングスラブというらしい。

    準備中準備中

    この日は最高のお天気で、しかも空気がかなり澄んでました。
    もう淡路島、明石海峡大橋、友ヶ島、関空などくっきり見えてます。

    淡路方面
    関空方面

    準備を終えて各自2本程度ずつ程度登らせてもらう。

    白峰のIさん(左)とMさん(右)。
    白峰Iさん白峰Mさん
    A先生(左)とその子分(右)。
    A先生A先生元教え子
    Kazさん(左)とRi(右)。
    KazRi

    して私(左)と難しい方のルートをいくKazさん(右)。
    k兄Kaz2

    この後少し移動してビッグボルダーへ。
    逆L字のクラックを登る岩。
    逆L字

    少しわかりにくいかもしれませんが、最初の一歩が左足を小さな出っ張りにのせて反転する形になります。
    見た目よりかなり怖いです。
    A先生曰く「なんか気持ちわるい」感じです。
    K澤さん白峰Mさん

    クラックに手を突っ込んで登りましたが、かなり手の甲に擦り傷が…(T_T)

    またまた移動してブラックフェイスの上部へ。
    ここで支点の取り方のお勉強。

    去年の春に同じ場所でしっかり教えて貰ったが、まったく覚えていない。
    情けない…。
    流動分散

    その後、懸垂下降の練習。
    初体験のお二人。
    白峰MさんA先生元教え子

    Riさんも初ビレイ体験を。

    散々遊ばせて貰い、沢山の昔話を聞かせて貰って下山開始。

    高座の滝でお約束の…。
    乾杯
    流石Riさん。ザックからアタリメが…。(笑)

    梅田でしっかり反省会もお付き合いいただきました。

    K澤さん、A先生ありがとうございました。
    またよろしくお願いいたします。(^^;

    ★行程
    09:15 芦屋ゲート着
    09:20 登山口
    09:50 山頂手前分岐(休憩)
    10:00 岩小屋のボルダー
    12:40 ビッグボルダー
    14:00 ブラックフェイス
    16:00 下山開始
    16:45 高座の滝

    報告:K兄

    コメント

    アップありがとう。
    日差しが暑かったけど、楽しかったです。

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード