2020.1.11 猫岳

    こんなところなのに
    s-DSC00669.jpg
    なんで猫なんだろう。。


    ★天候:晴れ、山頂付近は強風

    ★メンバー:ヒロ、kaz

    ★コースタイム:
     6:00 スカイライン入口
     7:20 平湯峠
     8:50 夫婦松
    10:20 ショートカット終わり
    11:40 猫岳と四ッ岳のコル手前
    12:10 猫岳
    13:15 猫の小屋手前
    14:30 夫婦松
    15:10 スカイライン入口

    ★記録:
    乗鞍スカイラインの入口に駐車
    だれもいなくて我々の車1台だけ
    ノートレースなのでうれしい

    平湯峠
    s-DSC00626.jpg

    雲海の下は高山市、その向こうに白山
    s-DSC00627.jpg

    平湯峠を過ぎると、、
    s-DSC00632.jpg
    槍~


    夫婦松に到着
    s-DSC00635.jpg


    ここからはスカイラインをショートカットするが、
    s-DSC00638.jpg
    雪が少なくて笹が濃い

    再びスカイライン
    s-DSC00641.jpg
    目指す猫岳が見えてきた
    風が強そう

    大崩山のコル方面は状況がよくなさそうなので、四ッ岳のコルを目指す


    スカイラインは雪山ハイク気分で歩けるが、
    上部はシュガブラが凸凹に氷化しているところもあって、スキーアイゼンが必要
    s-DSC00647.jpg

    途中で登頂は無理かな?と思ったけど、
    なんとかスキーのまま山頂までたどりつけた

    山頂からの景色
    s-DSC00658.jpg
    乗鞍岳方面。 雪炎が・・

    s-DSC00668.jpg
    槍穂


    風をよけるため凹みに隠れて準備
    s-IMG_0233.jpg


    登ったルートを下ったが、
    尾根の右は凸凹の氷、左は雪庇で切れ落ちているので、
    ボーゲンを交えて慎重に滑ってスカラインまで降りる
    s-DSC00649.jpg


    s-IMG_0230.jpg
    少し進むとこの景色ともお別れ

    途中で少しだけショートカットして
    s-DSC00670.jpg
    あとはスカイラインを気持ちよく流す

    車のすぐ横まで滑れた
    入口には5~6台の車が駐車してあった


    ★メモ:
    ・この日山頂に立ったのは、滋賀からの単独の人と我々の3人(と思う)
     とても展望のいいところなので、スカイラインだけ歩きにくる人もけっこういるようだ
    ・単独の人は大崩山のコルから登ってきた
     そちらは氷の上に薄い新雪がのった状態で滑りやすかったとのこと
     遠回りだが、条件によっては四ッ岳のコルを経由するほうが安全
    ・久手牧場のルートは雪が少なくて登れそうではなかった
    ・8日に雨が降り、そのあと新雪が10~20cmほど積もった条件だった
     スキーが少し沈むので太い方の板にすればよかったかなと思ったが、
     山頂付近が氷化していたので、結果としては細い方でよかった


    ★GPS
    X_1_202001131634447e8.jpg



    コメント

    コメントを投稿する

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    山行形態別
    検索
    タグ検索

    リンク
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード